2018CBC賞〜最終血断〜

セカンドテーブルを本命。昨年の同レースではシャイニングレイの強襲を受けたが、同じく先行いしたアクティブミノルを3着に抑えて、しぶとく2着に粘り込んだ。血統的にはトワイニング産駒ということで、このレースに強いミスプロ系だ。同馬にずっと乗っている水口優也にそろそろ初重賞制覇があっても良いのでは。

中京実績とデムーロ騎乗ということで対抗はダイメイフジ。単穴はファルコンS2着のアサクサゲンキ。ハーツクライ産駒にしては珍しく短距離が得意なペイシャフェリシタを押さえ。

◎セカンドテーブル
◯ダイメイフジ
▲アサクサゲンキ
△ペイシャフェリシタ

スクリーンショット 2018 07 01 10 46 21

2018ラジオNIKKEI賞〜最終血断〜

本命はロードアクシス。ブレイクランアウト産駒は、昨年ロードリベラルが9番人気で3着と穴を開けている。母父もロベルト系で福島1800で狙える血。前々走で福島コース500万条件も勝っているし、前走の京都新聞杯での大敗で人気を落とすここは買い時だ。

残りの印は、福島と連動性の高い中山コースでの実績を中心視したい。前走で中山1800を勝ったディープ産駒、フィエールマンを対抗とし、単穴は新馬戦で中山1800勝ちのあるカンパニー産駒、イェット。大穴でロードライト。前走中山1800勝ちの母父ロベルト系ということで抜擢。

◎ロードアクシス
◯フィエールマン
▲イェット
△ロードライト

スクリーンショット 2018 07 01 10 17 40