2015年中山牝馬S

非サンデー系が良く馬券になるレース。シンボリクリスエス産駒で、前走、前々で競馬をしたウイングドウィールを本命に推す。他、非サンデー系からは、対抗にキングヘイロー産駒のシャトーブランシュ。出来れば田辺に乗って欲しかったが…。

またダート的な馬力のある馬を重視したい。父母父キングマンボを持つ、パワースポットを単穴。ブライアンズタイム産駒のマイネグレヴィルを押さえ。

◎ウイングドウィール
◯シャトーブランシュ
▲パワースポット
△マイネグレヴィル

馬券は◎の単複と、◎→各印へ馬連。

2015年中山記念

中山非根幹距離は、実績馬を徹底的に狙う。

本命はロゴタイプ。

3歳時にスプリングSを勝ち、昨年の中山記念も3着。父系はサドラーズウェルズに連なる欧州血統。重も間違いなく走る。鞍上も勝手知ったるCデムーロ。前走でダートを使ったことで2番人気なっているのも、オッズ的においしい。ここは勝負するしかないでしょう。

父ローエングリンにも騎乗していた後藤浩輝が、まさかの自殺。あの屈託の無い笑顔の奥にあった苦悩を思うと、胸が痛む。今後、競馬に対して、どう取り組もうか何だか良く分からなくなってきた。それでも競馬は続き、そしてこうして馬券を買っている。

2015年金鯱賞

トニービンが注目血統。あとは近2走で上がり最速を使えている馬。騎手に課題は残るが、ここは森一馬騎乗のマジェスティハーツに期待。平地初重賞制覇なるか。

▲にやはりトニービン持ちのサトノノブレス。近走2400以上を使っている距離短縮馬というのも狙い目。

距離がどうかと思うが、天皇賞に続いてクラレント。トニービンが走るということなら、スタミナゴテゴテのダンスインザダーク×ダンシングブレーヴで全く問題無し。前々でレースを運んで、粘り込みが充分あるぞ。

◎マジェスティハーツ
○レーヴミストラル
▲サトノノブレス
△クラレント

2015共同通信杯

◎リスペクトアース

東京の馬場は回復しそうだが、こちらも前残りに期待。父マンハッタンカフェで、母父はミスプロ系。血統的には特に強調材料も無く、また東京1800はディープ産駒で間違いないと分かってはいるのだが、マンカフェ産駒も、そこそこの数字を残している。鞍上も、穴騎手の大野Jに乗り替って、思い切った騎乗ができるのでは。と思いきや、以外と人気している。(現在5番人気10.6倍)

2015年AJCC杯

田辺騎乗のクリールカイザーで勝負する。ひと昔前は、江田照男とダンシングブレーヴ系の組み合わせで穴馬券が出ていた印象があったが、江田に変わって田辺の騎乗もうってつけのような気がする。母系にサッカーボーイもあるし、中山2200の実績もあり。

2015年フェアリーS

シンザン記念では、レンイングランドも頑張ったが最後は刺されてしまった。次走で距離短縮したら、また狙ってみるつもり。フェアリーSでは、エヴァンジルを本命にする。このレースは馬力勝負になると見て、母父に欧州血統のエリシオを持つ、この馬を選んだ。前走で中山1800を勝ち、鞍上が引き続き田辺なのも良い。

2015年シンザン記念

とにかく京都では、内枠を狙っておきたい。

京都金杯も実は馬券を買っていた。本命はウィンフルブルーム。これは結構、自信があった。単複を少々買い、それと、馬番1、2、3、4の馬連ボックスに、ワイドボックスという、内枠重視のサル馬券を追加。レースは、4ー1ー2で決着。おお!単複、馬連に加えてワイドも3本的中してしまった。こんなの初めて。(笑)

中山金杯も、なんとなくパドックが良く見えたラブリーデイの単複だけ買っていたら、これも的中してしまい、まさかの金杯ダブル的中!ひええ。

さて、懲りずにシンザン記念でも、内枠からチョイスしたのが、4番レンイングランド。グングン逃げて、最後は前走のような二枚腰で粘り込んで欲しい。馬券は単複のみ。

はじめまして

『こじはる』の「3連単5頭BOXならだいたい当たる」の検索結果に引っかかって当ホームページに来てしまった方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

血統を中心に競馬予想ブログを立ち上げました、『こじまる』です。JRAの芝重賞を中心に予想を行っていきますので、よろしくお願いします。

2015年以降に予想していた過去の分も、まとめてアップするので、サイドバーからご覧いただけます。メモ程度の物ですが、自分でも振り返るために掲載することとしました。