2015神戸新聞杯

リアルスティールでしょうがないレースなのか。が、牡馬の一番人気馬に乗せた福永ほど危ういものもない。穴馬を探す。前走ダービーで掲示板にのった馬が好走するレースだが、今年はリアルスティール以外には出走無し。ならば13着だが、タガノエスプレッソはどうか。皐月賞・ダービーと惨敗しているが、それまではクラシック戦線の中心に居た馬。意外と渋といブラックタイド産駒。キタサンブラックに続いて、重賞制覇を決めて欲しい。

2015オールカマー

中山実績のあるステイゴールド産駒も居るが、オールカマーは休み明けが走る重賞。夏を使っているマイネルミラノ、オーシャンブルーは切ることにした。

ヌーヴォレコルト・ロゴタイプ・ショウナンパンドラ、どれが来てもおかしくないが、どれも当てにならない一面がある。

本命は、マリアライト。父ディープだが、母父にエルコンドルパサーを持つことで、中山のスタミナ勝負に向く。2200と連動性がある2500の実績もある。

2015ローズS

本命はライトファンタジア。

ゼンノロブロイ産駒は、アクティブバイオで勝ち、昨年はリラヴァティで人気薄の三着。

母父のトニービンは、昨年3着のタガノエトワールや、一昨年のシャトーブランシュなど、何度も穴を開けている血統。

速い上がりも使えそうだし、牡馬混合や古馬相手に複勝圏を外したことが無いのも心強い。

 

馬券は、単複と馬連・ワイドも買う。

 

◎ライトファンタジア

◯クイーンズリンク

▲ディープジュエリー

△アンドリエッテ

△シングズウィズジョイ

△トーセンビクトリー

2015セントライト記念

本命は、ハービンジャー産駒のベルーフ。

母母系を辿ると、ディクタスが。このレースは、ステイゴールド産駒のフェイトフルウォーやフェノーメノが勝っているように、ディクタスの血が生きる。

 

また、このレースは夏に一度使っている馬がアタマに来ることが多い。春の実績馬の休み明けは2・3着まで。小倉記念を3歳馬ながら2着に好走している、この馬が狙い目。

 

◎ベルーフ

◯サトノラーゼン

▲ブライトエンブレム

△ミュゼゴースト

 

馬券は単複中心で、馬連も。

 

(追記)

ディクタス狙いで、ジュンツバサの複勝を追加。

2015セントウルS

本命はサカジロロイヤル。近走の成績が著しくないので、人気薄となっているが、四走前の春雷Sでは、スマートオリオンなどに勝っている馬。

 

血統的には、凱旋賞馬のバゴを父に、母父ブライアンズタイムでいかにも重厚だが、スタートセンスの良い馬なので、前々に付けて最後の直線で我慢比べになれば、底力が生きるのでは。

 

ヌレイエフや、米国のマイナー血統のダマスカスも内包しており、スピードの補完もされていると見た。

 

リトルゲルダも有力。このレースは、夏にレースを使っている馬が頭に来る。休み明けは2着まで。

 

馬券は単複中心だが、馬連も手広く買ってみることにした。来たら凄いぞ!(笑)

 

◎サカジロロイヤル

◯ストレイトガール

▲リトルゲルダ

△ハクサンムーン

△ウリウリ

△バーバラ

△マイネルエテルネル

△マヤノリュウジン

△ホウライアキコ

△マテンロウハピネス

 

▲の単複も押さえる

2015京成杯AH

軽ハンデの三歳馬か牝馬が狙い目。本命はアルマディヴァン。中京記念で2着に突っ込んだ後も、関屋記念で好走しており、本格化したとみる。

 

馬券は、単複と馬連少し。

 

◎アルマディヴァン

◯アルビアーノ

▲ヤングマンパワー

△ケイティープライド

△レッドアリオン

2015新潟記念

迷いに迷って、本命定まらず。

人気薄のファントムライトを第一本命とした。

この後、雨がじゃんじゃん降れば、オペラハウスの血が生きる。

第二候補。ネオブラックダイヤ。

こちらも、母父にエリシオを持つ欧州血統で新潟記念に向いている。

二頭の単複でも、リターンを考えれば、それもありかな、と。

 

(後記)

ファントムライトは、実は重馬場ではなく、良馬場が得意らしい。

2015札幌2歳S

ここ数年の1〜3着馬の血統傾向を、ざっと見渡してみると、パワー型(ダート向き)サンデー系や、ミスプロ系保持の馬が目に付く。

 

去年は、その両方を併せ持った馬の、ワンツースリー。

今年の出走馬では、アフターダークとスパーキングジョイが該当。

どちらを本命なするかと言えば、人気薄のヴィクトワールピサ産駒の方でしょう。(有馬記念でもお世話になったし)

 

サンデーの3×3のクロスやら、ミスプロの4×4、ノーザンダンサーの5×5とか、インブリードしまくりなのも、2歳馬同士の早熟比べという観点からはプラスなのでは。

 

本命スパーキングジョイ。馬券は単複のみ。

2015キーンランドC

本命はウキヨノカゼ。

2週連続で四位は無いだろ、と思ってると、またか!と後悔しそう。

札幌成績が意外と良いディープインパクト全弟のオンファイア産駒というのも狙い目。

2015新潟2歳S

本命はペルソナリテ。

新馬戦、ダリア賞と連勝したのに、そんなに人気が無い。

以前は、ここの勝ち馬はクラシックに直結しないようなイメージだったが、ここ1〜2年は有力馬を送り込んでいる。

ならば、今やクラシック血統と言える、ステイゴールドでいけるのでは。

前走、直線では包まれながらも、馬群を割って伸びきったのは、ステイゴールド産駒ならではの勝負根性。