2016フローラS

パールコード

 

初戦・2戦目と牡馬と対戦してきたこの馬。まだ牝馬には負けていない。1600では無く、1800を使ってきたのもオークスを見越してのことか。父は、桜花賞のジュエラーと同じヴィクトワールピサ。旬の種牡馬として、ここでも続いて欲しい。

2016福島牝馬S

マコトブリジャール

メイショウスザンナ

 

重賞ビーム推奨の「前走芝2000m以上の距離短縮馬」は、マコトブリジャールのみ。

同じく重賞ビームの黄金血統は「馬力と持続力を兼ね備えた血統」とあり、グレイソヴリンとヴァイスリージェントを推奨。ならば、ここも母父ブライアンズタイムのマコトブリジャールで良いのでは。中山牝馬ステークス3着以内も好調というデータもあったので、メイショウスザンナも買う。単複2頭作戦。

2016皐月賞

過去の皐月賞では、血統的に問われるのは、スタミナと持続力に優れた馬だった。すなわち、凱旋門賞勝ちを中心とした欧州血統や、ロベルト系保持の馬が、人気薄でも良く馬券になっていた。ところが近年は、ロゴタイプの優勝はあるものの、どちらかと言えば下火の傾向にある。

 

とは言うものの、最近の中山では、またロベルト系が復活する兆しがある。父スクリーンヒーローのゴールドアクターとモーリスは別格としても、フェアリーSで勝ったビービーバーレルは母父シルヴァーホーク。ダービー卿CTのマジックタイム、春雷Sでは9番人気で2着のワキノブレイブ、この二頭は母父がブライアンズタイム(BT)。ニュージーランドTを勝ったダンツプリウスは父がBT。

 

皐月賞は、この後の雨で馬場も重くなることが予想されそうなので、ロベルト持ちは更に有利になると見ている。土曜日に行われた、同じ条件の山藤賞でもディープ×BTのゼーヴィントが勝っている。

 

本命はディーマジェスティ。

 

ディープ産駒らしかぬ、キレは無いが渋とく伸びてくる底力のある競馬をする馬。これは母父BTの血が強く出てるのだと思うが、母母父にもサドラーズウェルズを持っているので当然と言えば当然か。

 

共同通信杯組は、近年皐月賞で好成績なのも歓迎材料。展開がどうなるか微妙だが

 

近年、共同通信杯直行組が好成績を出しているのも好材料。大外に入ったが、マリアライトでも好勝負に持って来た、中山の名手エビショーの手綱に期待。

 

単穴にはリオンディーズ。器用な競馬が出来るキンカメ産駒の方が、他2強のディープ産駒より怖い。

 

◎ディーマジェスティ

◯サトノダイヤモンド

🔺リオンディーズ

△マカヒキ

△マウントロブソン

△プロフェット

△ナムラシングン

 

馬券は単複中心だが、重馬場適性のありそうな穴馬へも馬連・ワイドを流す。

2016桜花賞

重要ステップレースはチューリップ賞。3着以下の馬でも巻き返しがある。

血統的には、これも周知のことだがディープインパクト産駒。断然人気のメジャーエンブレムは、このどちらにも該当していないが、果たしてどうなのか。

 

本命はラベンダーヴァレイ。

チューリップ賞ではいったんは先頭に立ちそうになりながらも、シンハライトとジュエラーに刺されて負け。とは言うものの、後続勢がなだれ込む中で3着に残ったことを評価したい。

血統的には、母父フレンチデピュティ。ディープのスピードと斬れ味に、フレンチデピュティのパワーが補強されるイメージ。またこの配合は、ショウナンパンドラやウリウリに見られるように、特に牝馬で成功馬が出る傾向があると見た。

 

対抗はメジャーエンブレムで仕方ないですね。

 

単穴にはシンハライト。

父ディープに対し、母父がサドラーズウェルズ系のシングスピール。メジャーエンブレムが前々で押し切ろうとする持久力勝負となった時に強いのが、サドラー持ちの馬。デンコウアンジュとフロンテアクイーンが正にそれだ。

 

押さえには、デムーロ騎乗のジュエラーと、母エリモピクシーのレッドアヴァンセ。

 

◎ラベンダーヴァレイ

○メジャーエンブレム

▲シンハライト

△ジュエラー

△レッドアヴァンセ

 

◎の単複

馬単 ◎▲表裏

馬連 ◎→○△

馬単 ▲→○△

 

余談ですが、桜花賞プレゼンターの藤原竜也の誕生日は5月15日だそう。これは5−15のサインなのか?(笑)

2016弥生賞

弥生賞は、イマジンザットの単複を大人しめに買うことにしました。

それと、唯一の牝馬のシャララも少し買ってみる。中山2000のメイショウサムソン産駒の成績が良いのと、江田に乗り替わって、まさかの一発がありそうなので。

2016チューリップ賞

父ディープインパクト、母エリモピクシー産駒のレッドアヴァンセを本命とした。クラレントなど多くの重賞馬を出しているエリモピクシー。ここも勝って、ビワハイジに大手を掛けられるか。

 

デムーロの重賞6連勝に逆らわない方が良いのは分かっているのだが、この血統で単勝5.5倍付いているのを見て、俄然勝負したくなってきた。

 

複勝も1.8倍付いているから、何とかリターンはあると見た。

 

ディープと阪神8枠の相性も悪くないというデータもあるし、前走のような競馬は武は得意だからね。

2015中山記念

本命はロゴタイプとした。この馬、もう重賞は勝てない気がしていたが、今回は逃げ馬は不在だし、開幕週のここは、先行するこの馬に有利だと思う。内枠に入ったのも、鞍上が田辺に替わったのも好材料。復活に期待する。血統的にもローエングリン産駒を応援したい。

 

阪急杯は、4歳馬で内枠、川田騎乗のブラヴィッシモ。こちらも母父サドラーズウェルズ。

 

今日は単複のみとし、中山の方を勝負度を高めにしてみる。

2016アーリントンC

過去のレース傾向から、ダンチヒ・トニービン・サドラーズウェルズ・ファルブラヴ持ちの馬を中心視。その中から、母父ディンヒル(その父ダンチヒ)のロードブレイドを本命とした。

 

さて、父キンシャサノキセキは母系にリボーを持っているので、ディンヒルの母系にあるリボーとのクロスが成立している。新馬戦の時計は特筆できるものではないが、馬群を割って抜け出した根性に、リボーの勝負強さを見たような気がした。新馬戦からいきなりの重賞だが、相手が強くなってこそ真価を発揮するのが、リボー系保持の馬の特徴。人気薄だが、ここは好勝負を期待したい。

 

◎ロードブレイド

○アーバンキッド

▲レオナルド

△オデュッセウス

△パールフューチャー

 

出走取り消し・・・。

2016京都牝馬S

先週に続いて、雨の週末となった。

京都牝馬Sは、条件が変わったので、例年の傾向は特に気にしない。

素直に重の血統を狙う。

 

本命は、ブービー人気のフレイムコード。

父タヤスツヨシの馬力と、母父オペラハウス(その父サドラーズウェルズ)の底力。

血統もそうだが、先行馬で内枠に入ったのも好材料。

三走前の府中牝馬Sでは、稍重の馬場で0秒2差の4着に健闘している。

十分に狙い目はある。

 

対抗には京都金杯の勝ち馬のウィンプリメーラ。

単穴は、父ハーツクライ、母父ブライアンズタイムのマジックタイム。

さらに18番人気のヤサカオディール。母父凱旋門賞馬エリシオ。

新潟の稍重の逃げ切り勝ち有り。

 

◎フレイムコード

○ウィンプリメーラ

▲マジックタイム

△ヤサカオディール

 

5−9の馬連オッズが5300倍付いてて、過去のJR馬連最高配当を上回ってる。(笑)