2021ダイヤモンドS〜最終血断〜

ダイヤモンドS

ステイヤーSに次ぐ長距離重賞。東京3400で行われ、大箱の府中コースを1周半する。スタミナ要求値が高く求められる。本命は、9歳馬パフォーマプロミス。父ステイゴールド×母父ロベルト系タニノギムレット。昨年は8歳で天皇賞・春を3着。高齢馬だからと言って軽視は禁物だ。

◎パフォーマプロミス

馬券は単複のみ。