2019シルクロードS〜最終血断〜

父ミスプロ系、特にキンカメを注目血統として、ロードカナロア産駒を中心視。本命はダノンスマッシュとした。母父にダンチヒでスピード補完されているし、内枠なのでここは必勝体勢。相手に近走で好調が続くラブカンプー。シルクロードSと相性のいいアイビスSD
でも2着の実績あり。単穴には、もう一頭のロードカナロア産駒のアンヴァル。人気どころから入るので、印はここまで。最内のナインテイルズも怖いが、シングスピール系×メジロライアンという配合は1200ではどうか。

◎ダノンスマッシュ
◯ラブカンプー
▲アンヴァル

単複は買わずに、3連単BOX。

スクリーンショット 2019 01 27 10 48 22

■■■結果■■■

2019AJCC〜最終血断〜

昨年覇者のダンビュライトを本命。AJCC後も大阪杯6着、宝塚記念5着、オールカマー3着と大崩れを見せていない。得意の中山なら人気の明け4歳馬2頭に土を付けることも可能と見た。対抗はルメールのフィエールマンで仕方ないか。中山・福島の成績も悪くないしね。単穴には、本命にしようか迷った、ジェネラーレウーノ。1枠1番ですんなり逃げて、そのまま粘り腰を見せられたらこの馬には勝てません。押さえに8歳馬だが、ドカンとかましそうなサクラアンプルール。

◎ダンビュライト
◯フィエールマン
▲ジェネラーレウーノ
△サクラアンプルール

スクリーンショット 2019 01 20 5 31 48

■■■結果■■■

2019京成杯〜最終血断〜

小回り2000ならハービンジャー。同レースも15年ベルーフ、16年プロフェットと勝ち馬を輩出している。本命は内枠の1戦1勝馬の方のヒンドゥタイムズとした。前走は阪神2000で上がり最速をマークし優勝。鞍上は39歳にて重賞勝ちの無い中谷だが、中山は得意としているし、ここらで1発かまして欲しいところ。対抗はルメール。単穴にもう一頭のハービンジャー産駒のリーガルメイン。押さえにデムーロ。

◎ヒンドゥタイムズ
◯ラストドラフト
▲リーガルメイン
△ダノンラスター

スクリーンショット 2019 01 14 13 30 22

■■■結果■■■

2019日経新春杯〜最終血断〜

注目血統はトニービン。母父トニービンのサトノノブレスやアドマイヤフライトが、それぞれ2回馬券に絡んでいる。ということで、本命単穴はシンプルに考えて、ルーラーシップ産駒とジャングルポケット産駒とした。本命はルーラーシップの方で、ムイトオブリガード。近走で大崩れが無く安定感抜群。過去にダートを走っていたこともあるが、本レースはダート適性のある血統傾向の馬も強い。対抗にはデムーロのグローリーヴェイズ。単穴にジャングルポケットのノーブルマーズ。宝塚記念3着はフロックではないところを見せて欲しい。押さえに復調の兆しが見えるガンコ。

◎ムイトオブリガード
◯グローリーヴェイズ
▲ノーブルマーズ
△ガンコ

スクリーンショット 2019 01 13 8 09 30

■■■結果■■■

2019フェアリーS〜最終血断〜

本命は、マツリダゴッホ産駒のホウオウカトリーヌ。鞍上の穴男大野だが、年末年始でやたらと調子が良さそう。短距離しか使っていないが、母父がキングマンボ×サドラーだから延長は歓迎と見る。速いペースでもスローでもきちんと走る柔軟性もあり、ここは頭で狙える。

相手はデムーロのアクアミラビリス。単穴は1800勝ちのあるエフティイーリス。押さえにハービンジャー産駒のフィリアプーラと、ヴィクトワールピサ産駒のスカイシアター。

◎ホウオウカトリーヌ

◯アクアミラビリス

▲エフティイーリス

△フィリアプーラ

△スカイシアター

■■■結果■■■

2019中山金杯・京都金杯〜最終血断〜

中山金杯

前年の有馬記念で馬券内に来た血統を重視する。

本命は、高齢馬だがエアアンセム。昨年の夏には小回り函館の重賞でも勝利しており、中山は得意。そこに田辺が乗るのだから、万全の態勢。

◎エアアンセム

◯マウントゴールド

▲タニノフランケル

△タイムフライヤー

スクリーンショット 2019 01 05 7 56 35

■■■結果■■■

 

京都金杯

内枠固め打ち。本命はカツジ。マイルCSでは最速の上がりをマークし、ステルヴィオに0.2秒差の4着。馬群を上手く捌いて、伸びてくると見た。

◎カツジ

◯グァンチャーレ

▲サラキア

△パクスアメリカーナ

スクリーンショット 2019 01 05 8 04 12

■■■結果■■■