2020安田記念〜最終血断〜

昨年の安田記念は◎アエロリットとしたが、直前でインディチャンプを切ってしまい何とか複勝のみ的中。血統的には非サンデー系、特にノーザンダンサー系で中心に捉えたい。今年の本命はミスターメロディ。父がストームキャット系で母父もデピュティミニスターのノーザンダンサー系同士の配合。ある程度先団に付けて最後の直線で他馬に競り合う、ストームキャット独特の粘り腰に期待したい。マイルは一昨年のNHKカップ以来となるが、安田記念では短距離実績馬、しかも先行していける馬に有利に働くことが多い。

対抗に昨年春秋マイル制覇のインディチャンプ。実はこの馬に印を付けたことがほとんどなかったが、もう逆らいません。単穴にグランアレグリア。母父にボールドルーラーを持ったディープ産駒が、安田記念のような最後の持久力勝負に強い。押さえにアーモンドアイ。牡馬相手のマイルでG1マイルでは若干の割引が必要かと思ったが、あっさり快勝してもおかしくない。最後の押さえにノームコア。こちらも父非サンデー系ということで。

◎ミスターメロディ
◯インディチャンプ
▲グランアレグリア
△アーモンドアイ
△ノームコア

馬券は、◎の単複と、◎と▲から馬連流し。

スクリーンショット 2020 06 07 9 41 30

■■■結果■■■

週中予想では、◎グランアレグリアだったが、土曜日の鳴尾記念でお気に入り馬のパフォーマプロミスが10番人気で快勝。穴馬へ嗜好が動いてしまいミスターメロディを本命にしてしまった。素直に短距離路線組からの馬グランアレグリアで良かったのに。血統的にも、近年クローズアップされつつある、ディープ×ボールドルーラー系。安田記念にもぴったりの持続力を持つ配合だった。

ところで、フジテレビの実況は全くけしからん。アーモンドアイ専用カメラかよ。迂闊にも、現在グリーンチャンネルが無料提供されていることを知らなかった。来週からはこっちで見よう。井崎さんはいいが、番組自体がダメ。

2020オークス〜最終血断〜

去年のオークスで、12番人気で2着に激走したのがカレンブーケドール。あわや先頭で駆け抜けるかと思ったほどの健闘ぶり。その後も秋華賞2着に続き、ジャパンCでも2着と牡馬相手に堂々たる走りを見せた。そのカレンブーケドールだが、血統的には父ディープに、母父ストームキャットと母母父ゴーンウエストと、母系に米国スピード血統の掛け合わせがある。父ディープ×ストームキャットは言わずと知れたニックスだが、そこに更にスピードの上乗せをすることで成功した例と言えようか。今年のオークスでは、この観点から本命を探ってみる。

本命はスマイルカナ。父ディープに、母父フォーティナイナーと母母父にストームキャットという母系にスピード血統を合わせ持った馬。前走の桜花賞では逃げてレシステンシアに続く3着に残ったが、その粘り込みを見せた底力を買いたい。やはり柴田大地には逃げ馬が似合う。マイネルホウオウ以来のG1勝利を飾っていただきたい。

対抗にはデアリングタクト。単勝1倍台は被り過ぎのような気もするが、エルフィンSと桜花賞の勝ちっぷりを見れば仕方ないか。人気薄のスマイルカナから入ってデアリングタクトが抜けたら悔しいので確実に押さえる。単穴にクラヴァシュドール。先週のヴィクトリアマイルでも書いた、母系にスピード血統が入ったハーツクライ産駒。母父にストームキャット、さらに母父にサンダーガルチと、米国血統を併せ持つ。押さえにマルターズディオサとウーマンズハート。前者は母父にゴーンウエストに加え、オークスと相性が良いヌレイエフを母母父に持つ。後者は母父ダンチヒのハーツクライ産駒。

◎スマイルカナ
◯デアリングタクト
▲クラヴァシュドール
△マルターズディオサ
△ウーマンズハート

馬券は単複と、◎と▲から馬連流し。◎からワイド流し。

■■■結果■■■

まさかの、ロベルト系のワンツーで決まったオークス。普段からロベルト系を買いまくっているから、これは是非とも的中させたかったなー。ウイン勢の健闘にもビックリだ。

2020セントライト記念〜最終血断〜

当初はロベルト系重視で、母父シンボリクリスエスのエングレーバーを本命としていたが、朝方降りしきる雨の音を聞きながら、本命をサドラーズウェルズ系保持の馬にシフトすることとした。父母父と母母父まで含めると該当馬が結構いるが、その中から重馬場の弥生賞を勝ったメイショウテンゲンを本命としたい。母メイショウベルーガで、その母父がサドラー。連対時の上がり時計も35〜36秒台が多く、上がりのかかる我慢比べとなれば勝機は十分にある。対抗にオセアグレイト。こちらも母母父にサドラー。不良馬場での勝ちもある。単穴サトノルークス。母父サドラー、本レースと同距離となる非根幹距離2200のすみれSの勝ち馬。押さえは手広く。ルヴォルグ、サトノラディウス、アトミックフォース、マテリアルワールド。

◎メイショウテンゲン
◯オセアグレイト
▲サトノルークス
△ルヴォルグ
△サトノラディウス
△アトミックフォース
△マテリアルワールド

馬券は◎の単複、◎と▲から馬連流し。3連単の夢馬券も買ってみようか。

スクリーンショット 2019 09 16 10 39 09

■■■結果■■■

2019七夕賞〜最終血断〜

本命はウインテンダネス。先週のラジオNIKKEIでも柴田大地に◎を付けたが、今週も重めの馬場となるので、引き続き狙っていきたい。そしてこの馬、福島2000を2戦2勝。人馬ともに得意コースということで重賞2勝目を飾っていただきたい。対抗に、力上位のブラックスピネル。単穴にクレッシェンドラヴ。重馬場ならステゴ×サドラーズウェルズは外せないでしょう。押さえに福島2000勝ちのある、ミッキースワロー。最後にクリノヤマトノオー。

◎ウインテンダネス
◯ブラックスピネル
▲クレッシェンドラヴ
△ミッキースワロー
△クリノヤマトノオー

スクリーンショット 2019 07 07 11 21 02

■■■結果■■■

 

2018ホープフルS〜最終血断〜

有馬記念は欧州血統のハービンジャーで決まったが、

今度はドイツ血統のノヴェリスト産駒でどうだ!

◎コスモカレンドゥラ

◯サートゥルナーリア

▲ブレイキングドーン

△ニシノデイジー

スクリーンショット 2018 12 28 7 44 51

■■■結果■■■

2018有馬記念〜最終血断〜

さあ、いよいよ有馬記念だが、例年通り武豊の馬が1番枠ゲットし、いきなり胡散臭い感じが否めない。それはさておき、こじまる的・有馬記念のポイントを列挙すると以下のようになる。

・中山実績馬、特に2500での実績
・他場でも2200・2500の非根幹距離での勝ち経験のある馬
・有馬が秋3戦目以内で消耗していない馬
・ジャパンC組では凡走馬、人気より走っている馬は反動を嫌う
・何は無くともステイゴールド産駒
・穴ならキングマンボ系
・やっぱり冬の中山はロベルト系保持
・前走1着馬
・とにかく外人Jを買っとけ

と、以上の内容から本命は、ステイゴールド産駒のパフォーマプロミスでどうだ!中山2500は準オープンだが1戦1勝、今年は日経新春杯とアルゼンチン共和国杯でG2を2勝している実績もある。前走アルゼンチン共和国杯からの有馬記念というステップは、ゴールドアクターを彷彿させる。

母父はロベルト系のタニノギムレット。ロベルトの血は冬の中山では何とも心強い。それに母母バウンドトゥダンスは、実は2000年オークス馬シルクプリマドンナの母だったりする。シルクプリマドンナも父はブライアンズタイムだったな。

鞍上デムーロ弟はトップ外人に比べると見劣りする感もあるが、きっちり調教にも乗りに行っているし不安は無い。その調教でも抜群の動きを見せている。

マイナス要素として、近年の有馬記念では馬券対象内になったことの少ない6歳馬ということがあるが、実はこの馬、デビューが3歳秋と遅めで、キャリアはまだ15戦。まだまだフレッシュで、逆に本格化してきたと言える。

対抗は外枠だがレイデオロで仕方ないか。秋G1絶好調のルメールに、母父シンボリクリスエスだしね。ジャパンCを経由しないで、天皇賞・秋から直行のローテも余力十分。

単穴には、必ず馬券内に食い込んできそうなデムーロのモズカッチャン。ハービンジャー産駒ということで、コーナーの多い中山2500は得意そう。

押さえに、もう一頭のハービンジャー産駒のブラストワンピース。菊花賞をステップとした3歳馬は昔から有馬記念で強い。

押さえの2頭目に、ミッキスワロー。セントライト記念勝ちやAJCC2着などの中山実績が光る。

押さえの3頭目に穴を開けるならということでキングカメハメハ産駒で宝塚記念の勝ち馬ミッキーロケット。意外と人気がないが、宝塚記念と有馬記念は昔から連動性があるレースとして特注のはず。

キセキとシュヴァルグランは外枠ということでも割引だが、前者は秋4戦目だし、ともにジャパンCでは人気以上に走っているので敬遠したい。

◎パフォーマプロミス
◯レイデオロ
▲モズカッチャン
△ブラストワンピース
△ミッキースワロー
△ミッキーロケット

馬券は◎の単複と、◎と▲から馬連を流す。タテ目の◯▲は厚めに。
そして、◎1着流しの3連単マルチでどうだ!

スクリーンショット 2018 12 22 20 43 14

■■■結果■■■

2018阪神C〜最終血断〜

1400の重賞は、当該距離の実績馬を狙うのが基本中の基本。かつ、阪神Cはリピートレースであることも踏まえ、内枠に入ったフジキセキ系キンシャサノキセキ産駒シュウジを本命。しかも鞍上は岩田なのだから、イン差しに期待しないではいられない。対抗にはルメールのムーンクエイク。単穴に1400実績のあるワントゥワン。押さえにデムーロ弟とボウマン。

◎シュウジ
◯ムーンクエイク
▲ワントゥワン
△ミスターメロディ
△レッドファルクス

スクリーンショット 2018 12 22 13 52 29

■■■結果■■■

2018朝日FS〜最終血断〜

ディープ産駒が圧倒的に強いレース。グランアレグリアで固そうだが、牝馬だし、何が起こるのか分からないのが競馬なので、対抗までとしておく。サンデー系×ミスプロ系(またはその逆)が過去に好成績をマークしているという傾向もあり、本命馬を探したところ、ロードカナロア×ハーツクライ産駒のケイデンスコールが目に止まった。常に上がり最速を計時しているところが良し。一頓挫あって久々とはなるが、そこはノーザンファームの馬だから仕上がりに問題ないだろう。鞍上もクリスチャン・デムーロということで、この位の人気で一発かましてくれそう。単穴に、サウジアラビアCで離された2着だったドゴール。父サクラプレジデントという渋い血統。押さえにミスプロ×サンデーということで、アドマイヤマーズとファンタジスト。

◎ケイデンスコール
◯グランアレグリア
▲ドゴール
△アドマイヤマーズ
△ファンタジスト

スクリーンショット 2018 12 16 14 02 13

■■■結果■■■

2018阪神JF〜最終血断〜

阪神JFでは、とにかく上がり33秒台を計時している馬に注目しなければならない。候補は何頭かいるが、本命はグレイシアとしたい。前走のアルテミスSでは期待を裏切ったが、その前のアスター賞での勝ちっぷりは堂々としたものだった。人気が落ちたここは逆に狙い目。ダイワメジャーに母父が欧州血統のダンシングブレーヴ系ということで、メジャーエンブレムを彷彿させる。対抗には、そのグレイシアをアルテミスSで負かしたシェーングランツ。単穴にウォッカ産駒のタニノミッション。最後にデムーロ弟のダノンファンタジー。

◎グレイシア
◯シェーングランツ
▲タニノミッション
△ダノンファンタジー

スクリーンショット 2018 12 09 8 24 04

■■■結果■■■

2018ステイヤーズS〜最終血断〜

ダート的なパワーとスタミナの要素を持った血統の馬を狙い、母父シンボリクリスエスのコウキチョウサンを本命。父も中山得意のステイゴールド。全兄が有馬出走が噂されるオジュウチョウサンとあって、弟がここを勝てば更に話題が増す。

■■■結果■■■

 

チャレンジCは、後で「まだまだ走るんかい!」と地団駄踏むと悔しいので、マルターズアポジーの単複を買っておく。

■■■結果■■■