【種牡馬研究】ハービンジャー

種牡馬研究、映えある第一弾はハービンジャーを取り上げる。

スクリーンショット 2017 10 27 17 20 30

ディアドラが秋華賞を制し、産駒のG1初勝利の名乗りを上げた。
秋華賞の舞台は、京都内回り2000。
ハービンジャーの代表産駒は、総じて芝2000の重賞、とりわけ内回りコースが大得意だ。

ディアドラ(秋華賞1着・紫苑S1着)【母父スペシャルウィーク】
モズカッチャン(秋華賞3着)【母父キングカメハメハ】
ベルーフ(京成杯1着・小倉記念2着2回)【母父サンデーサイレンス】
プロフェット(京成杯1着)【母父タニノギムレット】
ドレッドノータス(京都2歳S1着)【母父サンデーサイレンス】
ペルシアンナイト(皐月賞2着)【母父サンデーサイレンス】

モズカッチャンは府中2000のフローラSでも1着があり、2400のオークスでも2着と健闘。
またフローラSでは2着にもハービンジャー産駒のヤマカツグレース【母父グラスワンダー】が入線して居る。

内回り2000が得意なので、器用なのかというと決してそうではなく、クイックネスさに欠ける面がある。秋華賞のディアドラは、ハイペースで進んだ最後の直線で馬群が前後にばらける中、ルメールがうまい具合に外に出して差し切った。

一方で、トーセンバジル(阪神大賞典3着・京都大賞典2着)【母父フジキセキ】のように長距離も走る馬も居る。父はキングジョージ(芝2400)を11馬身突き放して圧勝したのだから、当然と言えば当然か。各馬の個性を見極める必要があるが、概ね中距離が専門の守備範囲になる馬が多いと見る。マイルの忙しすぎる競馬は割引き。