2021ホープフルS〜最終血断〜

本命は、ハーツクライ産駒のフィデル。仕上がりが遅く晩成型の多いハーツクライ産駒だが、母父ストームキャットのサポートを受け、2歳G1でも勝負になる。鞍上の川田Jもハーツクライ産駒と相性の良い騎手とのデータもある。小回り小倉での勝利もあり、中山を苦にしないハーツクライと見る。馬群に揉まれない外枠も同産駒にはプラスに働く。

◎フィデル

馬券は単複のみ。