2021秋華賞〜最終血断〜

今年は、阪神2000で行われる秋華賞。短い直線、2回の急坂など中山コースと類似性が多い舞台だ。内回りコースなので、瞬発力の要求値というよりは長く脚を使える血統を狙いたい。内回りコースの鬼と言えばまずステイゴールド系。オークス勝ち馬でゴールドシップ産駒のユーバーレーベンも居るが、本命はドリームジャーニー産駒のスルーセブンシーズとした。父は宝塚記念と有馬記念をグランプリ2冠を果たしたが、本馬も前々走のオークスを除けば中山成績が(2.1.1.0)と、内回りコースに滅法強い。内枠でジッと脚を溜めて馬群を捌く器用さがあるので、3戦連続で最内枠を引いたここは勝機があると見る。馬場も朝の時点では稍重発表となっており、連対時の上がり時計が34〜35秒台のスルーセブンシーズにとっては適舞台と思えるのだが。

◎スルーセブンシーズ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。