2021毎日王冠〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ルージュバック マンハッタンカフェ オーサムアゲイン
中距離サンデー系 ND Vリージェント系
2着 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
ディープ系 MPキングマンボ系
3着 ヒストリカル ディープインパクト ノーザンテースト
ディープ系 ND ノーザンテースト系
2017年 1着 リアルスティール ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 サトノアラジン ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
3着 グレーターロンドン ディープインパクト ドクターデヴィアス
ディープ系 ヘロド系
2018年 1着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
2着 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
3着 キセキ ルーラーシップ ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
2019年 1着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
3着 インディチャンプ ステイゴールド キングカメハメハ
中距離サンデー系 MPキングマンボ系
2020年 1着 サリオス ハーツクライ ロミタス
長距離サンデー系 NDニジンスキー系
2着 ダイワキャグニー キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 サンレイポケット ジャングルポケット ワイルドラッシュ
Nグレイソヴリン系 ニアークティック系

 

「坂の無い芝1800はディープには逆らわない」ということで、本命はディープ産駒の中から古豪とも言えるカデナをチョイス。近走では着外が続いているが、58kgを背負ってのG1参戦の中で大崩れはないのは評価できる。久々の56kgに戻った毎日王冠は、昨年4着で上がり2位も使っている同じ東京1800。そして母父にヴァイスリージェント系のフレンチデピュティ。東京マイルでのヴァイスリージェント系の影響力の強さはよく知られたことだが、1800戦でも高い適性を示している。田辺Jの思い切った騎乗がハマれば後方一気が決まる可能性は大有りと見る。

◎カデナ

馬券は単複のみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。