2021セントライト記念〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 ゼーヴィント ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
3着 ブロディガルサン ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2017年 1着 ミッキースワロー トーセンホマレボシ ジャングルポケット
ディープ系 Nグレイソヴリン系
2着 アルアイン ディープインパクト エッセンスオブドヴァイ
ディープ系 Nボールドルーラー系
3着 サトノクロニクル ハーツクライ インティカブ
長距離サンデー系 ロベルト系
2018年 1着 ジェネラーレウーノ スクリーンヒーロー ロックオブジブラルタル
ロベルト系 NDダンチヒ系
2着 レイエンダ キングカメハメハ シンボリクリスエス
MPキングマンボ系 ロベルト系
3着 グレイル ハーツクライ ロックオブジブラルタル
長距離サンデー系 NDダンチヒ系
2019年 1着 リオンリオン ルーラーシップ クロフネ
MPキングマンボ系 ND Vリージェント系
2着 サトノルークス ディープインパクト サドラーズウェルズ
ディープ系 NDサドラー系
3着 ザダル トーセンラー レモンドロップキッド
ディープ系 MPキングマンボ系
2020年 1着 パビット ナカヤマフェスタ タイキシャトル
長距離サンデー系 ヘイロー系
2着 サトノフラッグ ディープインパクト ノットフォーセール
ディープ系 Nグレイソヴリン系
3着 ガロアクリーク キンシャサノキセキ キングマンボ
短距離サンデー系 MPキングマンボ系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

「秋緒戦の中山2200は先行馬」というスタンスから、昨年はバビットの単勝を的中。今年のメンバーからも逃げ・先行馬が多いが、さてどうするか。血統的に注目したいのは、やはり中山コースということでロベルト系。近5年の父系しては、2018年優勝のジェネラーレウーノ(父スクリーンヒーロー)があるくらいだが、母父にも目を移すと2016~18年の間で馬券になった9頭のうち、5頭がロベルト系だ。本命は、スクリーンヒーローの流れを汲むモーリス産駒のルペルカーリア。母がシーザリオという良血馬。父ロベルト系であることに加えて、サドラーズウェルズのクロスを持つ。ロングスパート勝負となりがちな中山2200ではスタミナの要求値が高いので、サドラーのクロスはもってこい。鞍上福永は、2500勝にあと2勝に迫っており、通算5人目の偉業まであと少し。数年前までは「牝馬なら買えるが牡馬G1では消し」という見立てだったジョッキーが、今では信頼できるジョッキーの筆頭の一人に数えられるようになった。重賞2日連続制覇はあまり多くはないが、この男ならやってくれるだろう。

◎ルペルカーリア

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。