2021京成杯オータムH〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ロードクエスト マツリダゴッホ チーフベアハート
持続力サンデー系 NDダンチヒ系
2着 カフェブリリアント ブライアンズタイム カーリアン
ロベルト系 NDニジンスキー系
3着 ダノンプラチナ ディープインパクト アンブライドルズソングス
ディープ系 ミスプロ系
2017年 1着 グランシルク ステイゴールド ダイナフォーマー
中距離サンデー系 ロベルト系
2着 ガリバルディ ディープインパクト ザフォニック
ディープ系 ミスプロ系
3着 ダノンリバティ キングカメハメハ エリシオ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
2018年 1着 ミッキーグローリー ディープインパクト ホワイトマズル
ディープ系 NDリファール系
2着 ワントゥワン ディープインパクト ファルブラヴ
ディープ系 ノーザンダンサー系
3着 ロジクライ ハーツクライ マキャヴェリアン
長距離サンデー系 ミスプロ系
2019年 1着 トロワゼトワル ロードカナロア ハーツクライ
MPキングマンボ系 長距離サンデー系
2着 ディメンシオン ディープインパクト モンジュー
ディープ系 NDサドラー系
3着 ジャンダルム キトゥンズジョイ サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
2020年 1着 トロワゼトワル ロードカナロア ハーツクライ
MPキングマンボ系 長距離サンデー系
2着 スマイルカナ ディープインパクト ディストーテッドヒューマー
ディープ系 MPフォーティナイナー系
3着 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー サクラローレル
短距離サンデー系 Nブラッシングルーム系

 

「中山マイルは、ストームキャットの先行押し切り」という馬券戦略は随分と前から活用していたが、改修後の2015年以降はその傾向は薄れつつあった。しかし、一昨年・昨年の京成杯オータムハンデでトロワゼトワルが連勝。トロワゼトワルはストームキャット直系では無いが、父ロードカナロアの母父にストームキャットを持つ。昨年は先行した2頭(トロワゼトワルとスマイルカナ)でのワンツー決着だったが、スマイルカナも母母父にストームキャットを持つ、先行を得意とする馬だ。今年は、スマートキャットの特徴を色濃く伝えているキズナ産駒が2頭出走している。そのうち、チューリップ賞勝ちのマルターズディオサを本命とする。同馬は中山2戦2勝。もう一頭のキズナ産駒(スマートリアン)と同様に母父にゴーンウエスト系を持つが、ストームキャットとゴーンウエストはニックスの組み合わせであると考えられ、産駒の勝ち上がり率も高い。近3走では短距離を中心に使われており、前半が早いペースも経験している。中山マイルは前傾ラップの実績も重要だ。そして鞍上は主戦・田辺裕信。中山の名手がマルターズディオサに重賞3勝目をエスコートする。

◎マルターズディオサ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。