2021関屋記念〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ヤングマンパワー スニッツェル サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
2着 ダノンリバティ キングカメハメハ エリシオ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
3着 マジックタイム ハーツクライ ブライアンズタイム
長距離サンデー系 ロベルト系
2017年 1着 マルターズアポジー ゴスホークケン オールドトリエステ
NDストームキャット系 Nボールドルーラー系
2着 ウインガニオン ステイゴールド ポリッシュネイビー
中距離サンデー系 NDダンチヒ系
3着 ダノンリバティ キングカメハメハ エリシオ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
2018年 1着 プリモシーン ディープインパクト ファストネットロック
ディープ系 NDダンチヒ系
2着 ワントゥワン ディープインパクト ファルブラヴ
ディープ系 ノーザンダンサー系
3着 エイシンティンクル ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2019年 1着 ミッキーグローリー ディープインパクト ホワイトマズル
ディープ系 NDリファール系
2着 ミエノサクシード ステイゴールド エーピーインディ
中距離サンデー系 Nボールドルーラー系
3着 ソーグリッタリング ステイゴールド シンボリクリスエス
中距離サンデー系 ロベルト系
2020年 1着 サトノアーサー ディープインパクト リダウツチョイス
ディープ系 NDダンチヒ系
2着 トロワゼトワル ロードカナロア ハーツクライ
MPキングマンボ系 長距離サンデー系
3着 アンドラステ オルフェーヴル ダイナフォーマー
中距離サンデーb〜る系 ロベルト系

ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

2016~2020年の血統傾向を見ると、黄色のノーザンダンサー系が目立つ。特にダンチヒ系・ストームキャット系といったスピード持続力に長けた系統。スピード血統ということで言うと、ボールドルーラーの血を持った馬が2頭含まれていることも強調したい点だ。2017年に1着だったマルターズアポジーは、ストームキャットとボールドルーラーの掛け合わせ血統だった。

本命は、母母父ダンチヒのマイスタイルとした。父はハーツクライ。産駒の傾向としてはエンジンのかかりは悪いが長く良い脚を使える馬が多い。新潟の長い直線はもってこいのコース。実は「ハーツクライ×母母父ダンチヒ系」と言う組み合わせは、ワンアンドオンリーやノーヴォレコルト・ロジクライなど成功例の多い配合だ。折しもの雨も同馬に味方する。稍重と重の成績を合計すると(4.0.1.3)。きっちり逃げれば前残りは十分ある。鞍上ヨコテンの強気の騎乗に期待する。

◎マイスタイル

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。