2021函館記念〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 マイネルミラノ ステイゴールド ポリッシュプレセデント
中距離サンデー系 NDダンチヒ系
2着 ケイティープライド ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
3着 ツクバアズマオー ステイゴールド ジャイアンツコーズウェイ
中距離サンデー系 NDストームキャット系
2017年 1着 ルミナスウォリアー メイショウサムソン アグネスタキオン
NDサドラー系 持続力サンデー系
2着 タマモベストプレイ フジキセキ ノーザンテースト
短距離サンデー系 ND ノーザンテースト系
3着 ヤマカツライデン シンボリクリスエス ダンスインザダーク
ロベルト系 長距離サンデー系
2018年 1着 エアアンセム シンボリクリスエス サンデーサイレンス
ロベルト系 サンデー系
2着 サクラアンプルール キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 エテルナミノル エンパイアメーカー フジキセキ
ミスプロ系 短距離サンデー系
2019年 1着 マイスタイル ハーツクライ フォーティナイナー
長距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
2着 マイネルファンロン ステイゴールド ロージズインメイ
中距離サンデー系 ヘイロー系
3着 ステイフーリッシュ ステイゴールド キングカメハメハ
中距離サンデー系 MPキングマンボ系
2020年 1着 アドマイヤジャスタ ジャスタウェイ エリシオ
中距離サンデー系 ノーザンダンサー系
2着 ドゥオーモ ディープインパクト コマンダーインチーフ
ディープ系 NDリファール系
3着 バイオスパーク オルフェーヴル マイネルラヴ
中距離サンデー系 ミスプロ系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

 

血統アナライズの表を俯瞰すると、緑色のサンデー系と黄色のノーザンダンサー系の組み合わせが目立つ。ノーザンダンサー特有のスピードの持久力が生きるのが函館記念だと言えよう。2017年の勝ち馬がサドラー系のメイショウサムソン産駒であることや、2018年はロベルト系シンボリクリスエス産駒であること、ハーツクライ産駒やステイゴールド系が良く馬券に絡むことからも、タフネスな血統が有効であることが分かる。昨年は母父ノーザンダンサー系エリシオ のアドマイヤジャスタがブービー人気で勝利しアッと言わせた。

本命は、サドラーズウェルズの流れを汲む、ローエングリン産駒のトーセンスーリヤ。ローエングリン産駒は、洋芝適性が高く特に函館コースを得意としている。同馬も勝利こそ無いものの、2着3回の成績を残している。鞍上はキャリア11年目の横山和生。現在のリーディン状況は43勝と例年を上回る勝ち鞍を上げている。弟武史の活躍が発奮の起爆剤となったのか。乗り替わりの馬が多い中、トーセンスーリヤは今回で8戦連続で横山和生の騎乗となることも追い風となる。

◎トーセンスーリヤ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。