2021年七夕賞〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 アルバートドック  ディープインパクト アンユージュアルヒート
ディープ系 NDヌレイエフ系
2着 ダコール ディープインパクト アンブライドルド
ディープ系 ミスプロ系
3着 オリオンザジャパン クロフネ サンデーサイレンス
ND Vリージェント系 サンデー系
2017年 1着 ゼーヴィント ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 マイネルフロスト ブラックタイド グラスワンダー
中距離サンデー系 ロベルト系
3着 ソールインパクト ディープインパクト エクスチェンジレート
ディープ系 NDダンチヒ系
2018年 1着 メドウラーク タニノギムレット クロフネ
ロベルト系 ND Vリージェント系
2着 マイネルサージュ ハービンジャー サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
3着 パワーポケット エンパイアメーカー タマモクロス
ミスプロ系 Nグレイソヴリン系
2019年 1着 ミッキースワロー トーセンホマレボシ ジャングルポケット
ディープ系 Nグレイソヴリン系
2着 クレッシェンドラヴ ステイゴールド サドラーズウェルズ
中距離サンデー系 NDサドラー系
3着 ロードヴァンドール ダイワメジャー ストームキャット
短距離サンデー系 NDストームキャット系
2020年 1着 クレッシェンドラヴ ステイゴールド サドラーズウェルズ
中距離サンデー系 NDサドラー系
2着 ブラヴァス キングカメハメハ ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
3着 ヴァンケドミンゴ ルーラーシップ アグネスタキオン
MPキングマンボ系 持続力サンデー系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

本命は、福島巧者のヴァンケドミンゴ。昨年の同レース3着を始め、福島成績は圧巻の100%馬券内。先週のラジオNIKKEIで穴を開けたのが、母父にアグネスタキオンを持ったワールドリバイバル。ヴァンケドミンゴも、同じく母父がアグネスタキオンだ。アグネスタキオンは母父にボールドルーラーを持つ持続力サンデー系の典型。父系直系に入るとダート向きの産駒の産出が多くなるが、母父に入ることで「芝馬は上がりのかかる小回り向き」と言う傾向が出てくる。

◎ヴァンケドミンゴ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。