2021ラジオNIKKEI賞〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ゼーヴィント ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 ダイワドレッサー ネオユニヴァース スウェプトオーヴァーボード
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 アーバンキッド ハーツクライ スウェイン
長距離サンデー系 Nブラッシングルーム系
2017年 1着 セダブリランテス ディープブリランテ ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 ウインガナドル ステイゴールド メジロマックイーン
中距離サンデー系 マイバブー系
3着 ロードリベラル ブレイクランアウト フジキセキ
ミスプロ系 短距離サンデー系
2018年 1着 メイショウテッコン マンハッタンカフェ レモンドロップキッド
中距離サンデー系 MPキングマンボ系
2着 フィエールマン ディープインパクト グリーンチューン
ディープ系 NDニジンスキー系
3着 キボウノダイチ バゴ ステイゴールド
Nブラッシングルーム系 中距離サンデー系
2019年 1着 ブレイキングドーン ヴィクトワールピサ ホワイトマズル
中距離サンデー系 NDリファール系
2着 マイネルサーパス アイルハヴアナザー タマモクロス
MPフォーティナイナー系 Nグレイソヴリン系
3着 ゴータイミング ディープインパクト リフューズトゥベンド
ディープ系 NDサドラー系
2020年 1着 バビット ナカヤマフェスタ タイキシャトル
長距離サンデー系 ヘイロー系
2着 パンサラッサ ロードカナロア モンジュー
MPキングマンボ系 NDサドラー系
3着 ディープキング ディープインパクト アカテナンゴ
ディープ系 ドイツ血統

ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

本命はスペシャルドラマ。前々走では中山の1勝クラスを勝利。ラジオNIKKEIの舞台と同様の小回りコースの中山で、なおかつ非根幹の同距離での勝ち鞍があることを重視する。新馬戦でも福島1800を走っていたが、その時は5着に終わっている。しかしながら3着とはほとんど差のない入線なので、それがむしろ隠れ蓑となっていてオッズ的に好都合。エピファネイア産駒は、デアリングタクトのように牝馬ならキレッキレの馬を出すが、牡馬ではズブい馬が多い。この馬も連対時の上がり時計は軒並み35秒台以上。上がりがかかる傾向にある本レースでは、こんな馬が合う。鞍上は、先週の宝塚記念でカレンブーケドールを馬券内に持ってくることが出来なかった戸崎。西のG1では当てにならない騎手だが、ラジオNIKKEI賞では過去にゼーヴィントとファイナルフォームで2勝を上げており、ローカル福島なら任せていいだろう。

◎スペシャルドラマ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。