2021宝塚記念〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 マリアライト ディープインパクト エルコンドルパサー
ディープ系 MPキングマンボ系
2着 ドゥラメンテ キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー
中距離サンデー系 Nプリンスリーギフト系
2017年 1着 サトノクラウン マルジュ ロッシーニ
ノーザンダンサー系 ミスプロ系
2着 ゴールドアクター スクリーンヒーロー キョウワアリシバ
ロベルト系 レイズアネイティヴ系
3着 ミッキークイーン ディープインパクト ゴールドアウェイ
ディープ系 NDヌレイエフ系
2018年 1着 ミッキーロケット キングカメハメハ ピヴォタル
MPキングマンボ系 NDヌレイエフ系
2着 ワーザー タヴィストック ザビール
NDサドラー系 ターントゥ系
3着 ノーブルマーズ ジャングルポケット シルヴァーホーク
Nグレイソヴリン系 ロベルト系
2019年 1着 リスグラシュー ハーツクライ アメリカンポスト
長距離サンデー系 ネイティヴダンサー系
2着 キセキ ルーラーシップ ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
3着 スワーヴリチャード ハーツクライ アンブライドルズソングス
長距離サンデー系 ミスプロ系
2020年 1着 クロノジェネシス バゴ クロフネ
Nブラッシングルーム系 ND Vリージェント系
2着 キセキ ルーラーシップ ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
3着 モズベッロ ディープブリランテ ハーランズホリデー
スピード母系ディープ NDストームキャット系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

 

以前にも書いたことがあるが、昔から宝塚記念は回収率の高いレースだ。

2008年 ◎エイシンデピュティ 5番人気1着単勝11.3倍
2010年 ◎ナカヤマフェスタ 8番人気1着単勝37.8倍
2011年 ◎アーネストリー 6番人気1着単勝13.6倍
2015年 ◎ラブリーデイ 6番人気1着単勝14.2倍
2016年 ◎マリアライト 8番人気1着単勝25.1倍
2020年 ◎クロノジェネシス 2番人気1着単勝4.1倍

昨年こそ2番人気での的中だったものの、その他は中穴をズバズバ当てている。馬券考察のキモは阪神2200の適正判断。そして血統的には、スタミナと持久力に長けた種牡馬を主眼をおきたい。

春競馬の当初から宝塚記念の本命は、昨年のG1で◎を打ち続けたクロノジェネシスで間違いないと考えていた。ところが、主戦Jの北村友一が落馬負傷により1年以上の戦線離脱となったことを受け、鞍上はルメールとなった。人馬一体の北村が騎乗するなら断然の1番人気だったとしても引き続き本馬を本命にするつもりではあったが、ルメールとなるとさらにオッズが上乗せされてしまうこともあるので、別馬を狙ってみたい。

本命はアリストテレス。父エピファネイア、母父ディープインパクト。昨秋の菊花賞でコントレイルを追い詰めた一戦があまりにも強烈なイメージとして残っている。年明けのAJCCも快勝したため、阪神大賞典や天皇賞・春でも人気を集めたが、馬券圏内に入ることはできなかった。菊花賞で3000mを好走しただけに、長距離中心で使われたのは仕方ないかもしれないが、3歳時のレースでは能力の高さで距離適性はどうとでもなるもの。この馬の適正距離は2000〜2200ではないか。既に春3戦を走っており、そのうち2戦が3000越えの距離。疲労の蓄積度が心配される向きもあるが、そこは「使って使って良化する」というロベルト系のタフネスさが有効に働くのではないか。連対時の上がり時計が、新潟コースを除くと軒並み35秒台以上であるのも、宝塚記念に向いている。

◎アリストテレス

馬券は、単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。