2021マーメイドS〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 リラヴァティ ゼンノロブロイ シングスピール
中距離サンデー系 NDサドラー系
2着 ヒルノマテーラ マンハッタンカフェ コンサーン
中距離サンデー系 ヒムヤー系
3着 ココロノアイ ステイゴールド ディンヒル
中距離サンデー系 NDダンチヒ系
2017年 1着 マキシマムドパリ キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 クインズミラーグロ マンハッタンカフェ インエクセス
中距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
3着 アースライズ マンハッタンカフェ ケープクロス
中距離サンデー系 NDダンチヒ系
2018年 1着 アンドリエッテ ディープインパクト シルヴァーデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
2着 ワンブレスアウェイ ステイゴールド ストームキャット
中距離サンデー系 NDストームキャット系
3着 ミエノサクシード ステイゴールド エーピーインディ
中距離サンデー系 Nボールドルーラー系
2019年 1着 サラス オルフェーヴル タピット
中距離サンデー系 Nボールドルーラー系
2着 レッドランディーニ ディープインパクト ミスターグリーリー
ディープ系 ミスプロ系
3着 スカーレットカラー ヴィクトワールピサ ウォーエンブレム
中距離サンデー系 ミスプロ系
2020年 1着 サマーセント ハービンジャー サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
2着 センテリュオ ディープインパクト エンドスウィープ
ディープ系 MPフォーティナイナー系
3着 リュヌルージュ モンテロッソ メジロマックイーン
ミスプロ系 マイバブー系

 

サンデー系のうち、マンハッタンカフェ産駒とステイゴールド産駒の成績が良いレース。両馬とも大きな括りでは「中距離サンデー系」だが、長距離適性も併せ持った傾向にある種牡馬だ。梅雨時の牝馬限定のハンデ戦。軽快なスピードだけでは乗り切れないタフネスさが求められる。舞台も阪神内回りの2000m。小回り適性がある馬に有利に働くので、ディープ産駒で磐石ともいかなくなる。本命は、ステイゴールド系オルフェーヴル産駒のアンドラステ。昨年秋の京成杯AHでルメールが乗った時だけ10着の大敗だったが、それ以外は常に掲示板をキープしている安定感のある馬。鞍上の岩田望来も前走に引き続き手綱を持つのは6戦目。この馬が、待望の重賞初制覇に最も近い馬と言えるのではなかろうか。母系にロベルト系とモンズン 系を持ち、タフネスさといった観点からは申し分のない血統。それでいて、そこそこの上がりも使える馬なので、鮮やかな抜け出しでの勝利が期待できる。

◎アンドラステ

馬券は単複のみ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。