2021安田記念〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
2着 モーリス スクリーンヒーロー カーネギー
ロベルト系 NDサドラー系
3着 フィエロ ディープインパクト ディンヒル
ディープ系 NDダンチヒ系
2017年 1着 サトノアラジン ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
3着 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
MPフォーティナイナー系 サンデー系
2018年 1着 モズアスコット フランケル ヘネシー
NDサドラー系 NDストームキャット系
2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
3着 スワーヴリチャード ハーツクライ アンブライドルズソングス
長距離サンデー系 ミスプロ系
2019年 1着 インディチャンプ ステイゴールド キングカメハメハ
中距離サンデー系 MPキングマンボ系
2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
3着 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2020年 1着 グランアレグリア ディープインパクト タピット
ディープ系 Nボールドルーラー系
2着 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 インディチャンプ ステイゴールド キングカメハメハ
中距離サンデー系 MPキングマンボ系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

昨年は、グランアレグリアが見事な抜け出しを見せて、女王アーモンドアイの追込みを封じてみせた安田記念。勝ち馬のレースタイムが1分31秒台より速くなってしまった時は仕方ないが、安田記念での穴馬探しは基本、「前々に付けて最後の直線で粘り込む馬」を見つけること。そして血統的にはノーザンダンサー系全般のスピードの持続力が生きる。今年の出走馬から、父ノーザンダンサー系としては、3歳馬のNHKマイル勝ち馬シュネルマイスターが参戦。当初は、この馬の◎も考えたが、「前々に付けて最後の直線で粘り込む馬」という観点からは違うので取り止め。

本命は、リアルインパクト産駒のラウダシオンとした。一昨年のNHKマイルの勝ち馬。キレキレの脚を見せたことは無く、先行しての粘り込みが得意な馬と言ったらコイツだろう。父リアルインパクトも同レースを勝っており、同じ様に3番手から後続を封じて見せた。ここは親子2代制覇を決めていただきましょう。

血統的に補足。ディープにアンブライドルド系の組み合わせは、コントレイルの例を出すまでもなく、走る配合。なおかつ、ラウダシオンには母母父にはストームキャットの血もあるのだから、先行粘り込みが得意なのにも納得がいく。ところで、安田記念のディープインパクト産駒の成績は、前走から距離延長が良いという傾向がある。リアルインパクトもディープ後継種牡馬のさきがけなので、このデータにも乗ってみる。

◎ラウダシオン

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。