2021ダービー〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 マカヒキ ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
2着 サトノダイヤモンド ディープインパクト オーペン
ディープ系 NDダンチヒ系
3着 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2017年 1着 レイデオロ キングカメハメハ シンボリクリスエス
MPキングマンボ系 ロベルト系
2着 スワーヴリチャード ハーツクライ アンブライドルズソングス
長距離サンデー系 ミスプロ系
3着 アドミラブル ディープインパクト シンボリクリスエス
ディープ系 ロベルト系
2018年 1着 ワグネリアン ディープインパクト キングカメハメハ
ディープ系 MPキングマンボ系
2着 エポカドーロ オルフェーヴル フォーティナイナー
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 コズミックフォース キングカメハメハ ネオユニヴァース
MPキングマンボ系 中距離サンデー系
2019年 1着 ロジャーバローズ ディープインパクト リブレティスト
ディープ系 NDダンチヒ系
2着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
3着 ヴェロックス ジャスタウェイ モンズン
中距離サンデー系 ドイツ血統
2020年 1着 コントレイル ディープインパクト アンブライドルズソングス
ディープ系 ミスプロ系
2着 サリオス ハーツクライ ロミタス
長距離サンデー系 NDニジンスキー系
3着 ヴェルトライゼンテ ドリームジャーニー アカテナンゴ
中距離サンデー系 ドイツ血統

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

 

連対馬なら、ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライなどの産駒。さらに母系で、ダンチヒ系やストームキャット系・ヴァイスリージェント系のノーザンダンサー系のスピード血統、もしくはフォーティナイナー系やアンブライド系のミスプロ系のスピード血統を持つ馬。3着までなら、ステイゴールド系やハーツクライ後継種牡馬も。母系に、ロベルト系やドイツ血統などのスタミナ寄りの血が入った馬。

1番人気のエフフォーリアは父エピファネイア。上記のダービー血統傾向には当てはまらないものの、エピファネイア産駒はこれまでのロベルト系の感覚で捉えていると痛い目に合いそうだ。対抗に押さえる。2番人気サトノレイナスは、桜花賞では上がり32秒台の最速をマークし瞬発力に富む馬。ウオッカの再現が期待されるが、府中の2400は長すぎるのではないか。グレートマジシャンやタイトルホルダー・ヴィクティファルスの母父はサドラー系なのでバッサリ消し。5番人気のシャフリヤールの母父はボールドルーラー系。ボールドルーラーはスピード血統の代表ではあるが、どちらかと言うとアルアインのように持続力を補強するイメージが拭い切れないので、これも消す。

本命は、ディープ×フレンチデピュティのヨーホーレイク。キレッキレの脚は無いものの、4線全戦で上がり最速をマーク。鞍上は川田将雅。結局G1では、福永・川田・池添の日本人御三家か外人騎手を中心視するというスタンスを守らなければいけない。テン乗りのダービーは鬼門と言われるが、それをはね除けていただきたい。対抗は、先に挙げたエフフォーリア。勝てば、ダービー最年少制覇という偉業がかかるレースで1番人気に騎乗するという超プレッシャーを乗り越えられるか。勝利したら、素直に栄冠を讃えよう。単穴にグラティアス。父ハーツクライは府中2400で真っ先に取り上げたい種牡馬。母系にスピード系のダンチヒが入れば敏捷性が増す。押さえに、ディープ×ダンチヒのディープモンスターと、青葉賞馬のワンダフルタウン。押さえに印を回した分、サトノレイナスは消し。

◎ヨーホーレイク
◯エフフォーリア
▲グラティアス
△ディープモンスター
△ワンダフルタウン

馬券は、◎の単複と、◎から各印へ馬連。3連単◎一頭軸マルチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。