2021オークス〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 シンハライト ディープインパクト シングスピール
ディープ系 NDサドラー系
2着 チェッキーノ キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ビッシュ ディープインパクト アカテナンゴ
ディープ系 ドイツ血統
2017年 1着 ソウルスターリング フランケル モンズン
NDサドラー系 ドイツ血統
2着 モズカッチャン ハービンジャー キングカメハメハ
NDダンチヒ系 MPキングマンボ系
3着 アドマイヤミヤビ ハーツクライ クロフネ
長距離サンデー系 ND Vリージェント系
2018年 1着 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 リリーノーブル ルーラーシップ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
2019年 1着 ラヴズオンリーユー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 カレンブーケドール ディープインパクト スキャットダディ
ディープ系 NDストームキャット系
3着 クロノジェネシス バゴ クロフネ
Nブラッシングルーム系 ND Vリージェント系
2020年 1着 デアリングタクト エピファネイア キングカメハメハ
ロベルト系 MPキングマンボ系
2着 ウインマリリン スクリーンヒーロー フサイチペガサス
ロベルト系 ミスプロ系
3着 ウインマイティー ゴールドシップ カコイーシーズ
中距離サンデー系 レイズアネイティヴ系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

 

ディープインパクト産駒やキングマンボ系の王道血統の産駒がソツなく好成績を残しているオークスだが、血統アナライズの過去成績を俯瞰すると、スタミナ豊富の血が散見することに気付く。2016年1着のシンハライトは母父サドラー系、同年3着のビッシュはドイツ血統。2017年1着のソウルスターリングは父サドラー系に母父ドイツ血統、同年3着のアドマイヤミヤビは父母父トニービン。2019年3着のクロノジェネシスはバゴ産駒。2020年は、ロベルト系のワンツーで決着した。

よく聞かれるオークスのアプローチに、「ほとんどの3歳牝馬にとっては初距離となる2400mでは、血統による長距離適性云々というよりは、その時点での完成度で決まる」というのがある。確かにそうであろうとも思う。アーモンドアイやデアリングタクトなどは、純粋に能力の高さで群を抜いた存在であり、そこに血統云々を持ち出すのはナンセンスかもしれない。しかし、群を抜いた存在が居ない年にこそ、その馬の血統表に潜むタフネスな血がレースではモノを言うのではないだろうか。阪神JFから桜花賞へ進み、4戦全勝で危なげなく歩を進めているソダシが単勝1倍台になりそうだが、果たして過去の三冠馬に匹敵する馬なのだろうか。クロフネ産駒に府中2400はいかにも危なげなく映る。

そしてもう1点、「オークスは、前走桜花賞からのステップが最有力」という昔からの常識。しかしながら、ここ5年のオークス連対馬は桜花賞組が5頭、フローラS組が3頭、忘れな草賞組が1頭、スイートピーS組が1頭と、桜花賞組とそれ以外という枠組みで見ると五分五分に渡り合っており、以前ほど桜花賞組が圧倒的という訳ではないと言える。

本命は、スクリーンヒーロー産駒のクールキャット。フローラSで1着でオークスに臨む。昨年、7番人気で2着に食い込んだウインマリリンも、同ステップを刻んだスクリーンヒーロー産駒だった。そしてクールキャットの母父はダンスインザダーク。父ロベルト系に、母父ダンスインザダークでは重厚すぎる嫌いもあるが、牡馬に比べてロベルト系牝馬は軽快なキレのある末脚を兼ね備えた産駒も多いので心配はないと見る。

◎クールキャット

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。