2021ヴィクトリアマイル〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ストレイトガール フジキセキ タイキシャトル
短距離サンデー系 ヘイロー系
2着 ミッキークイーン ディープインパクト ゴールドアウェイ
ディープ系 NDヌレイエフ系
3着 ショウナンパンドラ ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
2017年 1着 アドマイヤリード ステイゴールド ニューメラス
中距離サンデー系 ミスプロ系
2着 デンコウアンジュ メイショウサムソン マリエンバード
NDサドラー系 NDニジンスキー系
3着 ジュールポレール ディープインパクト エリシオ
ディープ系 ノーザンダンサー系
2018年 1着 ジュールポレール ディープインパクト エリシオ
ディープ系 ノーザンダンサー系
2着 リスグラシュー ハーツクライ アメリカンポスト
長距離サンデー系 ネイティヴダンサー系
3着 レッドアヴァンセ ディープインパクト ダンシングブレーヴ
ディープ系 NDリファール系
2019年 1着 ノームコア ハービンジャー クロフネ
NDダンチヒ系 ND Vリージェント系
2着 プリモシーン ディープインパクト ファストネットロック
ディープ系 NDダンチヒ系
3着 クロコスミア ステイゴールド ボストンハーバー
中距離サンデー系 Nボールドルーラー系
2020年 1着 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 サウンドキアラ ディープインパクト アグネスデジタル
ディープ系 ミスプロ系
3着 ノームコア ハービンジャー クロフネ
NDダンチヒ系 ND Vリージェント系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

血統アナライズからは、黄色のノーザンダンサー系全般の健闘が目立つ。特にヴァイスリージェント系、ダンチヒ系などのスピード血統。これは、同じ舞台で行われるNHKマイルカップと同じ傾向。本命は、テルツェット。母父ダンチヒ系、母父ストームキャット系と、ヴァイスリージェント系は持たないものの、ノーザンダンサー系屈指のスピード血統を2本保持。G1初挑戦だが、4連勝の勢いと、常に速い上がりを使える同馬に賭けてみたい。デムーロも、猛威を振るった頃の安定感はないが、ここ一発を決めてくる怖さがある。先週は、スタート直後に本命馬が落馬という驚愕の結果に終わってしまったが、気を取り直して今週の競馬に臨みたい。馬券は外れたけど、人馬ともに無事で良かったです。それが何より。

◎テルツェット

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。