2021年NHKマイルカップ〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 メジャーエンブレム ダイワメジャー オペラハウス
短距離サンデー系 NDサドラー系
2着 ロードクエスト マツリダゴッホ チーフベアハート
持続力サンデー系 NDダンチヒ系
3着 レインボーライン ステイゴールド フレンチデピュティ
中距離サンデー系 ND Vリージェント系
2017年 1着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
2着 リエノテソーロ スパイツタウン ラングフール
ミスプロ系 NDダンチヒ系
3着 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー サクラローレル
短距離サンデー系 Nブラッシングルーム系
2018年 1着 ケイアイノーテック ディープインパクト スマーティジョーンズ
ディープ系 ミスプロ系
2着 ギベオン ディープインパクト ゴーストザッパー
ディープ系 ND Vリージェント系
3着 レッドヴェイロン キングカメハメハ ダンシングブレーヴ
MPキングマンボ系 NDリファール系
2019年 1着 アドマイヤマーズ ダイワメジャー メディシアン
短距離サンデー系 ミスプロ系
2着 ケイデンスコール ロードカナロア ハーツクライ
MPキングマンボ系 長距離サンデー系
3着 カテラドル ハーツクライ ロックオブジブラルタル
長距離サンデー系 NDダンチヒ系
2020年 1着 ラウダシオン リアルインパクト ソングアンドプレイヤー
ディープ系 ミスプロ系
2着 レシステンシア ダイワメジャー リチャードアイランド
短距離サンデー系 NDダンチヒ系
3着 ギルデッドミラー オルフェーヴル ティズナウ
中距離サンデー系 インリアリティ

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

ノーザンダンサー系全般の、スピードの持続力が生きるレース。中でもヴァイスリージェント系の影響力が強い。これは、同じ舞台で行われるヴィクトリアマイルにも言える傾向。1番人気となりそうなグレナディアガーズは、父と父母父および母母父にノーザンダンサー系の3本の矢を持つ血統。父フランケルはガリレオ経由のサドラー系だが、産駒には重いという印象の馬は少ない。母父にスピード寄りのディンヒルが入ったことにより、軽快さを増したイメージと言えようか。グレナディアガーズの母母父にはヴァイスリージェント系のシルヴァーデピュティが配されマイルカップ向きの血統構成となっている。そこへ、新馬戦から手綱を握っている川田が騎乗するのだから、これは順当と言えそうでもあるが、ここは別の馬を本命に指名する。本命は、キズナ産駒のバスラットレオン。前走のニュージーランドTは圧巻の5馬身突き放しの逃げ切り勝ち。キズナ産駒には、そのキズナの母父ストームキャットの特徴を色濃く反映した産駒が多い。馬体も480kg以上の大柄な馬が多く、先行力を生かして前から押し切る競馬が得意だ。母父ニューアプローチ(その父ガリレオ)、母母父ケープクロス(ダンチヒ系)なので、この馬も血統表にノーザンダンサー系の3本の矢を持つ。好枠に入ったここは勝ち負け必至。

◎バスラットレオン

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。