2021マイラーズカップ〜最終血断〜

例年は京都競馬場で施行される同レースだが、改修のため今年は阪神競馬場で行われるので、血統アナライズの表は非掲載とする。本命はラセット。父モンテロッソは、2011年にドバイワールドカップでヴィクトワールピサとトランセンドがワンツー制覇した時の3着馬(12番人気)。翌年の同レースでは10番人気を跳ね返し2着馬を3馬身突き放す快勝。そんな穴馬の父に似て、産駒もリュヌルージュ(中山牝馬S14番人気2着)やビリーバー(アイビスSD9番人気3着)など、穴でドカンと激走する馬が多い。血統的に地味なので人気にはなりにくいのが狙い目だ。ラセットは、鞍上が秋山真一郎で阪神マイルを走ると、必ず2着に入る。今度こそは先頭で駆け抜けていただきましょう。

◎ラセット

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。