2021皐月賞〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 マカヒキ ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
3着 サトノダイヤモンド ディープインパクト オーペン
ディープ系 NDダンチヒ系
2017年 1着 アルアイン ディープインパクト エッセンスオブドヴァイ
ディープ系 Nボールドルーラー系
2着 ペルシアンナイト ハービンジャー サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
3着 ダンビュライト ルーラーシップ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2018年 1着 エポカドーロ オルフェーヴル フォーティナイナー
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
2着 サンリヴァル ルーラーシップ アグネスタキオン
MPキングマンボ系 持続力サンデー系
3着 ジェネラーレウーノ スクリーンヒーロー ロックオブジブラルタル
ロベルト系 NDダンチヒ系
2019年 1着 サートゥルナーリア ロードカナロア スペシャルウィーク
MPキングマンボ系 中距離サンデー系
2着 ヴェロックス ジャスタウェイ モンズン
中距離サンデー系 ドイツ血統
3着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2020年 1着 コントレイル ディープインパクト アンブライドルズソングス
ディープ系 ミスプロ系
2着 サリオス ハーツクライ ロミタス
長距離サンデー系 NDニジンスキー系
3着 ガロアクリーク キンシャサノキセキ キングマンボ
短距離サンデー系 MPキングマンボ系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

弥生賞やスプリングS・若葉Sのステップレース、さらには京成杯・共同通信杯・きさらぎ賞などの年明けの重賞は、軒並み前半スローペースの展開だった。流石にG1となる皐月賞は厳しい流れになると想定されるが、これらの弛んだレースを経て勝ってきた馬に皐月賞を凌げる能力はあるのだろうか。ここではNOの決を下したい。ならば、どの馬をピックアップするのか。これらのレースを使ったが、スローの直線勝負には対応できなかった馬を狙う。

本命は、ステラヴェローチェ。前走で共同通信杯では1番人気の5着に終わったが、昨年暮れの朝日杯FSでは上がり最速を繰り出し、グレナディアガーズの2着。このレースは前半56.9の超ハイペースレース。さらにその前走のサウジアラビアRCでは不良馬場を制しての1着。新馬戦では稍重での勝利。どのレースも緩くはない流れの前半を凌ぎきっての勝ち鞍だ。この経験値が本番でモノを言う。

そして、折しもの雨も本馬に味方する。明日はある程度の回復は見込まれるかもしれないが、タフネスな馬場になるのは想像に難くない。そこで、父バゴの重適性が炸裂する。昨年、宝塚記念と有馬記念を勝ったクロノジェネシスも、バゴ産駒の最高傑作と言えるかと思うが、重馬場が大得意の馬だった。

鞍上は、先週桜花賞を勝ったばかりの吉田隼人。同年に桜花賞と皐月賞を勝ったのは、菅原泰夫や武豊くらいか。(4/18追記。他にも、武邦彦、福永洋一、ルメールも居ました)果たして吉田隼人にそれが叶うのかどうか。ジャンルは違えど、ゴルフのマスターズでは松山英樹が優勝し、まさかの日本人の初制覇があったのだ。競馬界でも、白毛馬のクラシック初制覇に続いて、吉田隼人の偉業達成があってもいいじゃないか。

◎ステラヴェローチェ

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。