2021桜花賞〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ジュエラー ヴィクトワールピサ ピストレブルー
中距離サンデー系 ハイトップ系
2着 シンハライト ディープインパクト シングスピール
ディープ系 NDサドラー系
3着 アットザシーサイド キングカメハメハ アグネスタキオン
MPキングマンボ系 持続力サンデー系
2017年 1着 レーヌミノル ダイワメジャー タイキシャトル
短距離サンデー系 ヘイロー系
2着 リスグラシュー ハーツクライ アメリカンポスト
長距離サンデー系 ネイティヴダンサー系
3着 ソウルスターリング フランケル モンズン
NDサドラー系 ドイツ血統
2018年 1着 アーモンドアイ ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 リリーノーブル ルーラーシップ クロフネ
MPキングマンボ系 ND Vリージェント系
2019年 1着 グランアレグリア ディープインパクト タピット
ディープインパクト Nボールドルーラー系
2着 シゲルピンクダイヤ ダイワメジャー ハイシャパラル
短距離サンデー系 NDサドラー系
3着 クロノジェネシス バゴ クロフネ
Nブラッシングルーム系 ND Vリージェント系
2020年 1着 デアリングタクト エピファネイア キングカメハメハ
ロベルト系 MPキングマンボ系
2着 レシステンシア ダイワメジャー リチャードアイランド
短距離サンデー系 NDダンチヒ系
3着 スマイルカナ ディープインパクト ディストーテッドヒューマー
ディープ系 MPフォーティナイナー系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

ディープインパクト・ダイワメジャーが馬券内に入ることが多いが、それほど大きな血統的偏りは見られない桜花賞。ステップとしてはチューリップ賞組が最有力というのが従来の考え方だったが、18年のアーモンドアイはシンザン記念、19年のグランアレグリアは朝日杯FS、20年のデアリングタクトはエルフィンSから臨み戴冠しているように、前走チューリップ賞組という枠には縛らない方が良さそう。今年の1・2番人気の前走は阪神ジュベナイルフィリーズと4ヶ月開け。流石に開き過ぎでは無かろうかと思えるも、そこはノーザンファーム生産馬なので、外厩できっちり仕上げられてくるのであろう。

本命は、フィリーズレビュー勝ち馬のシゲルピンクルビーとした。フィリーズレビュー組は、2017年にレーヌミノルが勝ってはいるものの、近3年は馬券になっておらずやや分が悪い傾向にはある。それを分かった上で、父モーリスと、母父サドラーズウェルズ系の血に賭けてみたい。モーリスの父スクリーンヒーローの産駒は、G1で人気薄が爆走することが多い。厳しい流れになるG1でこそ覚醒する血が、シゲルピンクルビーにも宿っているのではあるまいか。また、サドラーの血も過去にシンハライトやソウルスターリング・シゲルピンクダイヤなどを送り出しており、桜花賞では隠れた重要血統。モーリス自体、母父にサドラーを持つのでクロスも成立しているのも見逃せない。

◎シゲルピンクルビー

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。