2021大阪杯〜最終血断〜

    馬名 母父

2016年

(GⅡ)

1着 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
ディープ系 MPキングマンボ系
2着 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー
中距離サンデー系 Nプリンスリーギフト系
3着 ショウナンパンドラ ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
2017年 1着 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー
中距離サンデー系 Nプリンスリーギフト系
2着 ステファノス ディープインパクト クロフネ
ディープ系 ND Vリージェント系
3着 ヤマカツエース キングカメハメハ グラスワンダー
MPキングマンボ系 ロベルト系
2018年 1着 スワーヴリチャード ハーツクライ アンブライドルズソングス
長距離サンデー系 ミスプロ系
2着 ペルシアンナイト ハービンジャー サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
3着 アルアイン ディープインパクト エッセンスオブドヴァイ
ディープ系 Nボールドルーラー系
2019年 1着 アルアイン ディープインパクト エッセンスオブドヴァイ
ディープ系 Nボールドルーラー系
2着 キセキ ルーラーシップ ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
3着 ワグネリアン ディープインパクト キングカメハメハ
ディープ系 MPキングマンボ系
2020年 1着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
2着 クロノジェネシス バゴ クロフネ
Nブラッシングルーム系 ND Vリージェント系
3着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

過去の血統傾向からは、NDヴァイスリージェント系や、MPフォーティナイナー系、Nボールドルーラー系などの米国型スピード&ダート血統が有効に働く。大穴狙いで、母母父シアトルスルーのカデナの一発も考えたが、ここは冷静になって、本命はグランアレグリア。距離が持つのかという不安から、コントレイルからやや離された2番人気となっているが、ここが逆に狙い目。阪神内回りで行われる大阪杯はレースの立ち回りが重要。短距離戦で培ってきた機動力がモノを言う。母父タピットはエーピーインディを経由してくるボールドルーラー系。若駒の頃は気性の荒さも目立ったが、昨年はその気配も見せずに成長のほどを見せつけ、圧巻の短距離G1三連勝。コントレイルとの最強馬対決に凱歌をあげるのはこの馬だ。

◎グランアレグリア

勝負馬券は◎の単勝。勝負度S。やっぱり捨てきれない大穴カデナとの馬連・ワイドを少額。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。