2021高松宮記念〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 ビッグアーサー サクラバクシンオー キングマンボ
Nプリンスリーギフト系 MPキングマンボ系
2着 ミッキーアイル ディープインパクト ロックオブジブラルタル
ディープ系 NDダンチヒ系
3着 アルビアーノ ハーランズホリデー アンブライドルド
NDストームキャット系 ミスプロ系
2017年 1着 セイウンコウセイ アドマイヤムーン カポーティ
MPフォーティナイナー系 Nボールドルーラー系
2着 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
MPフォーティナイナー系 サンデー系
2018年 1着 ファインニードル アドマイヤムーン マークオブエスティーム
MPフォーティナイナー系 Nネヴァーベンド系
2着 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ナックビーナス ダイワメジャー モアザンレディ
短距離サンデー系 ヘイロー系
2019年 1着 ミスターメロディ スキャットダディ デピュティミニスター
NDストームキャット系 ND Vリージェント系
2着 セイウンコウセイ アドマイヤムーン カポーティ
MPフォーティナイナー系 Nボールドルーラー系
3着 ショウナンアンセム ジャングルポケット クロフネ
Nグレイソヴリン系 ND Vリージェント系
2020年 1着 モズスーパーフレア スパイツタウン ビロングトゥミー
ミスプロ系 NDダンチヒ系
2着 グランアレグリア ディープインパクト タピット
ディープ系 Nボールドルーラー系
3着 ダイアトニック ロードカナロア サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

中京1200mという特異な舞台で行われるだけあって、サンデー系の成績が振るわないG1。ミスプロ系の馬力、ノーザンダンサー系のスピード、およびナスルーラ系の持続力が生きるレースだ。

今年の出走馬18頭のうち12頭は父サンデー系だが、これらをバッサリ切り捨てる。残り6頭のうち4頭がミスプロ系、2頭がNDストームキャット系。ここからのふるい分けのポイントが2つ。一つ目は内枠。過去の5年のレースで馬券になったのはほとんどが1〜4枠の馬だ。そして、短距離重賞でよく挙げられる「デカイ馬を狙う」という点。この2点と、本日の中京の空模様も踏まえて、本命はライトオンキューとした。父シャマーダルは、ジャイアンツコーズウェイを経由したストームキャット系。母父はゴーンウエストの流れを汲むミスプロ系。母母父にロベルトを持ち、持久力勝負の消耗戦になった時の踏ん張りが効く血統と見た。鞍上がフルキチからヨコテンに乗り替わり。まだまだ元気な53歳。得意な内枠に入ったことだし、持ち前の思い切った騎乗で、久々のG1奪取を決めて欲しい。

◎ライトオンキュー

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。