2021スプリングS〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 マウントロブソン ディープインパクト ミスターグリーリー
ディープ系 ミスプロ系
2着 マイネルハニー マツリダゴッホ ナリタブライアン
持続力サンデー系 ロベルト系
3着 ロードクエスト マツリダゴッホ チーフベアハート
持続力サンデー系 NDダンチヒ系
2017年 1着 ウインブライト ステイゴールド アドマイヤコジーン
中距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
2着 アウトライアーズ ヴィクトワールピサ フレンチデピュティ
中距離サンデー系 ND Vリージェント系
3着 プラチナヴォイス エンパイアメーカー マンハッタンカフェ
ミスプロ系 中距離サンデー系
2018年 1着 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
2着 エポカドーロ オルフェーヴル フォーティナイナー
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 マイネルファンロン ステイゴールド ロージズインメイ
中距離サンデー系 ヘイロー系
2019年 1着 エメラルファイト クロフネ スペシャルウィーク
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
2着 ファンタジスト ロードカナロア ディープインパクト
MPキングマンボ系 ディープ系
3着 ディキシーナイト ダイワメジャー ホワイトマズル
短距離サンデー系 NDリファール系
2020年 1着 ガロアクリーク キンシャサノキセキ キングマンボ
短距離サンデー系 MPキングマンボ系
2着 ヴェルトライゼンデ ドリームジャーニー アカテナンゴ
中距離サンデー系 ドイツ血統
3着 サクセッション キングカメハメハ ディクタット
MPキングマンボ系 マッチェム系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

中距離寄りの1800m戦なので、当然ステイゴールド系の馬の台頭も目立つが、短距離サンデー系のダイワメジャーやキンシャサノキセキ、持続力サンデー系のマツリダゴッホも負けていない。

本命は、マツリダゴッホ産駒のロードトゥフェイム。未勝利戦と若竹賞では後方から大外をブン回して進出し、上がり最速をマークしての1着。その上がりタイムは36秒台と、タフネスな消耗戦となったことが伺える。マツリダゴッホは母父がボールドルーラー系で、まさに持続力が発揮された格好だ。そして、ロードトゥフェイムは母父にホワイトマズル。ダンシングブレーヴを経由したリファール系だが、昔からリファール系は春先の競馬に滅法強い傾向にある。今回も、豪快なマクリを決めての快勝に期待する。勝負度を強めにしてみたい。

◎ロードトゥフェイム

馬券は単複のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。