2021フィリーズレビュー〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 ソルヴェイグ ダイワメジャー ジャングルポケット
短距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
2着 アットザシーサイド キングカメハメハ アグネスタキオン
MPキングマンボ系 持続力サンデー系
3着 キャンディバローズ ディープインパクト タイキシャトル
ディープ系 ヘイロー系
2017年 1着 カラクレナイ ローエングリン アグネスタキオン
NDサドラー系 持続力サンデー系
2着 レーヌミノル ダイワメジャー タイキシャトル
短距離サンデー系 ヘイロー系
3着 ゴールドケープ ワークフォース デュランダル
MPキングマンボ系 短距離サンデー系
2018年 1着 リバティハイツ キングカメハメハ ドゥヴァイ
MPキングマンボ系 ミスプロ系
2着 アンコールプリュ ディープインパクト ウイニングチケット
ディープ系 Nグレイソヴリン系
3着 デルニエオール ステイゴールド メジロマックイーン
中距離サンデー系 マイバブー系
2019年 1着 ノーワン ハーツクライ カーリアン
長距離サンデー系 NDニジンスキー系
2着 プールヴィル ルアーブル ケンダルジャン
Nブラッシングルーム系 Nグレイソヴリン系
3着 ジュランビル キンシャサノキセキ デピュティミニスター
短距離サンデー系 ND Vリージェント系
2020年 1着 エーポス ジャスタウェイ スマートストライク
中距離サンデー系 ミスプロ系
2着 ヤマカツマーメイド ロードカナロア グラスワンダー
MPキングマンボ系 ロベルト系
3着 ナイントゥファイブ スクリーンヒーロー エアフォースブルー
ロベルト系 ロベルト系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

本命はラヴケリー。父カレンブラックヒル譲りの先行力が魅力だ。ファンタジーSでは2番手で先行し、勝ち馬のメイケイエールには離されたものの、3着に残り善戦したことを評価したい。メイケイエールはその後、チューリップ賞も勝ちクラシック路線に乗った実力馬。

また本レースは、グレイソヴリンやロベルト系など、スタミナ寄りの血が求められる傾向にもある。ラヴケリーの母父はロベルト系のシンボリクリスエス、そして母父にサドラーズウェルズの全弟フェアリーキングと、スタミナ満載。前走は1200mでちょっと忙しすぎたかもしれず、1400から1600が適距離と見る。

◎ラヴケリー

馬券は単複のみ。

【結果】

    馬名 母父
2021年 1着 シゲルピンクルビー モーリス ハイシャパラル
ロベルト系 NDサドラー系
2着 ヨカヨカ スクワートルスクワート ディンヒルダンサー
ミスプロ系 NDダンチヒ系
3着 ミニーアイル ミッキーアイル ペションヴィル
ディープ系 ミスプロ系

 

昨年と今年で、ロベルト系強し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。