2021中山牝馬S〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 シュンドルボン ハーツクライ エルコンドルパサー
長距離サンデー系 MPキングマンボ系
2着 ルージュバック マンハッタンカフェ オーサムアゲイン
中距離サンデー系 ND Vリージェント系
3着 メイショウスザンナ アグネスデジタル サンデーサイレンス
ミスプロ系 サンデー系
2017年 1着 トーセンビクトリー キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 マジックタイム ハーツクライ ブライアンズタイム
長距離サンデー系 ロベルト系
3着 クインズミラーグロ マンハッタンカフェ インエクセス
長距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
2018年 1着 カワキタエンカ ディープインパクト クロフネ
ディープ系 ND Vリージェント系
2着 フロンテアクイーン メイショウサムソン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
3着 レイホーロマンス ハービンジャー サンデーサイレンス
NDダンチヒ系 サンデー系
2019年 1着 フロンテアクイーン メイショウサムソン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
2着 ウラヌスチャーム ルーラーシップ フジキセキ
MPキングマンボ系 短距離サンデー系
3着 アッフィラート ディープインパクト ルーソリテール
ディープインパクト ロベルト系
2020年 1着 フェアリーポルカ ルーラーシップ アグネスタキオン
MPキングマンボ系 持続力サンデー系
2着 リュヌルージュ モンテロッソ メジロマックイーン
ミスプロ系 マイバブー系
3着 エスポワール オルフェーヴル シンボリクリスエス
中距離サンデー系 ロベルト系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

春の雨に見舞われた中山競馬場。中山の不良馬場で行われた過去のレースで、印象深いのが2010年の中山記念だ。13番人気のトーセンクラウンが勝ち、2着も12番人気のテイエムアンコールで、どちらもサドラー系のオペラハウス産駒だった。泥んこの馬場を後方からドタドタと追い込み、上がり最速のタイムは37.3。まさに道悪の鬼と言えるサドラーズウェルズの血を痛感させられたレースだった。

今年の中山牝馬Sでサドラーの血を持つのは、父メイショウサムソンのデンコウアンジュだが、この馬はあんまり重が得意ではない。そこで着目したいのがヌレイエフの血。同じノーザンダンサー系の種牡馬だが、ヌレイエフの母父フォルリは、サドラーズウェルズの母母父でもあり、その血統構成が近似していると言える。そこで白羽の矢を立てたのが、昨年の同レースを不良馬場で勝ったフェアリーポルカ。母母父ヌレイエフに加え、父ルーラーシップの源流キングマンボは母父にヌレイエフを持ちクロスが成立する。

父キンカメ系で、母系にヌレイエフの血を持つ馬は、アーモンドアイを始め、メールドグラースやリオンリオンなど成功馬が多い。父ディープインパクト産駒に人気が集まっているが、中山牝馬Sは基本、非サンデー系の馬が強い。母父がアグネスタキオンだが、この馬もサンデー系の中では持続力タイプのボールドルーラーの影響が強い馬。腹を括った和田ドラゴンの手綱捌きでゴール板を先頭で走り抜けていただきたい。

◎フェアリーポルカ

馬券は、◎の単複のみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。