2021オーシャンS〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 エイシンブルズアイ ベルグラヴィア サイフォン
ミスプロ系 セントサイモン系
2着 ハクサンムーン アドマイヤムーン サクラバクシンオー
MPフォーティナイナー系 Nプリンスリーギフト系
3着 スノードラゴン アドマイヤコジーン タヤスツヨシ
Nグレイソヴリン系 ダート型サンデー系
2017年 1着 メラグラーナ ファストネットロック シークレットセイヴィングス
NDダンチヒ系 ミスプロ系
2着 ナックビーナス ダイワメジャー モアザンレディ
短距離サンデー系 ヘイロー系
3着 クリスマス バゴ ステイゴールド
Nブラッシングルーム系 中距離サンデー系
2018年 1着 キングハート オレハマッテルゼ マイネルラヴ
短距離サンデー系 ミスプロ系
2着 ナックビーナス ダイワメジャー モアザンレディ
短距離サンデー系 ヘイロー系
3着 ダイメイフジ アグネスデジタル ダンスインザダーク
ミスプロ系 長距離サンデー系
2019年 1着 モズスーパーフレア スパイツタウン ビロングトゥミー
ミスプロ系 NDダンチヒ系
2着 ナックビーナス ダイワメジャー モアザンレディ
短距離サンデー系 ヘイロー系
3着 ダイメイフジ アグネスデジタル ダンスインザダーク
ミスプロ系 長距離サンデー系
2020年 1着 ダノンスマッシュ MPキングマンボ系 NDダンチヒ系
2着 ナックビーナス ダイワメジャー モアザンレディ
短距離サンデー系 ヘイロー系
3着 タワーオブロンドン レイヴンズパス ダラカニ
ミスプロ系 Nネヴァーベンド系
2021年

ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

血統アナライズ的には、ミスプロ系優勢で、次いで短距離サンデー系、ダンチヒ系・ナスルーラ系の健闘も目立つように思える。中山1200のセオリーとして、「先行押し切りタイプのストームキャット狙い」があるので、ここはビアンフェを本命としたい。ビアンフェは父キズナだが、その母父ストームキャットの特徴が色濃く出ている種牡馬だ。母父にサクラバクシンオーも入り、スピード値を補強。前走はスプリンターズSを果敢に逃げて16着だが、逃げ馬の大敗はノーカウントでいい。

◎ビアンフェ

馬券は単複のみ。

【結果】

6番人気のビアンフェがなんとか3着に粘り込んだ。やはりストームキャット狙いで正解。サクラバクシンオーの血も有効。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。