2021中山記念〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 ドゥラメンテ キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2着 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
ディープ系 MPキングマンボ系
3着 リアルスティール ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2017年 1着 ネオリアリズム ネオユニヴァース メドーレイク
中距離サンデー系 セントサイモン系
2着 サクラアンプルール キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
3着 ロゴタイプ ローエングリン サンデーサイレンス
NDサドラー系 サンデー系
2018年 1着 ウインブライト ステイゴールド アドマイヤコジーン
中距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
2着 アエロリット クロフネ ネオユニヴァース
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
3着 マルターズアポジー ゴスホークケン オールドトリエステ
NDストームキャット系 Nボールドルーラー系
2019年 1着 ウインブライト ステイゴールド ストームキャット
中距離サンデー系 NDストームキャット系
2着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 ステルヴィオ ロードカナロア ファルブラヴ
MPキングマンボ系 ノーザンダンサー系
2020年 1着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 ラッキーライラック オルフェーヴル フラワーアレイ
中距離サンデー系 MPフォーティナイナー系
3着 ソウルスターリング フランケル モンズン
NDサドラー系 ドイツ血統系

(ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系)

血統アナライズからは、ノーザンダンサー系の健闘が目立つ。そしてキングマンボ系。サンデー系からは、中距離指向のステイゴールド系かネオユニヴァース。本命は、ローエングリン産駒のトーセンスーリヤ。父がサドラーズウェルズの流れを汲むノーザンダンサー系ローエングリン産駒。父も中山記念2勝している。母父はネヴァーベンド系で持続力を強化。キレキレの脚はないが、最内枠からスタートし好位置からの抜け出しを図れば、後続の馬は差しきれないのではと見る。前を行く馬のバビットを差し切れるかどうかだが、秋初開催の中山では前々の馬を狙い、年明け以降はやや後ろの馬を狙うのがセオリー。札幌記念からの6カ月振りではあるが、得意の中山1800mなら問題はない。

◎トーセンスーリヤ

馬券は単複のみ。

【結果】

中山金杯組、強し。また、ロードカナロアの母父も含めて、NDストームキャット系保持の馬が好成績を収めていることを追記しておこうを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。