2021小倉大賞典〜最終血断〜

 

    馬名 母父
2016年 1着 アルバートドック ディープインパクト アンユージュアルヒート
ディープ系 NDヌレイエフ系
2着 ダコール ディープインパクト アンブライドルド
ディープ系 ミスプロ系
3着 ネオリアリズム ネオユニヴァース メドーレイク
中距離サンデー系 セントサイモン系
2017年 1着 マルターズアポジー ゴスホークケン オールドトリエステ
NDストームキャット系 Nボールドルーラー系
2着 ヒストリカル ディープインパクト ノーザンテースト
ディープ系 ND ノーザンテースト系
3着 クラリティスカイ クロフネ スペシャルウィーク
ND Vリージェント系 中距離サンデー系
2018年 1着 トリオンフ  タートルボウル ダンスインザダーク
ノーザンダンサー系 長距離サンデー系
2着 クインズミラーグロ マンハッタンカフェ インエクセス
中距離サンデー系 Nグレイソヴリン系
3着 ススズカデヴィアス キングカメハメハ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2019年 1着 スティッフェリオ ステイゴールド ムトト
中距離サンデー系 ブランドフォード系
2着 タニノフランケル フランケル タニノギムレット
NDサドラー系 ロベルト系
3着 サイモンラムセス ブラックタイド マヤノトップガン
中距離サンデー系 ロベルト系
2020年 1着 カデナ ディープインパクト フレンチデピュティ
ディープ系 ND Vリージェント系
2着 ドゥオーモ ディープインパクト コマンダーインチーフ
ディープ系 NDリファール系
3着 ジナンボー ディープインパクト キングカメハメハ
ディープ系 MPキングマンボ系

ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

小倉1800コース。スタートから1コーナーまでの距離が短いことと、1〜2コーナーがちょっとした丘になっているため前半のペースは遅くなりがち。2コーナーの出口からゴールまでは下りから平坦基調。脚を溜めてビュッと切れるというよりは、持続力が求められるコース。そのため、ノーザンダンサー系や、中〜長距離サンデー系、ロベルト系が合う。ディープ産駒では、追い込み馬の台頭が目立つ。2016年のアルバートドックとダコール、2020年のカデナとドゥオーモ、ともに追い込みのディープ産駒のワンツーで決着している。キレる脚が無く、他の競馬場では届かないディープ産駒でも、ここなら見せ場がある。1枠に昨年覇者のカデナが入ったが、鞍上が先週に重賞初勝利を上げた、若手の菅原明。流石に2週連続はないかなと思い、昨年2着馬のドゥオーモを本命に取り上げる。母父がダンシングブレーヴ系ということで、いかにも追い込み脚質が似合う。8歳馬ということで人気もないようだが、得意舞台に戻ったここは、ドカンと豪快な追い込みを決めていただきたい。

◎ドゥオーモ

馬券は、◎の単複のみ

今年からは芝重賞のみに専念するため、フェブラリーSはパス。(専念する芝重賞が全然当たらないけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。