2021共同通信杯〜最終血断〜

    馬名 母父
2016年 1着 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム
ディープ系 ロベルト系
2着 イモータル マンハッタンカフェ アカテナンゴ
中距離サンデー系 ドイツ血統
3着 メートルダール ゼンノロブロイ シルヴァーホーク
中距離サンデー系 ロベルト系
2017年 1着 スワーヴリチャード ハーツクライ アンブライドルズソングス
長距離サンデー系 ミスプロ系
2着 エトルディーニュ エイシンサンディ オペラハウス
ダートサンデー系 NDサドラー系
3着 ムーヴザワールド ディープインパクト サドラーズウェルズ
ディープ系 NDサドラー系
2018年 1着 オウケンムーン オウケンブルースリ エリシオ
Nグレイソヴリン系 ノーザンダンサー系
2着 サトノソルタス ディープインパクト ペションヴィル
ディープ系 ミスプロ系
3着 エイムアンドエンド エイシンフラッシュ サンデーサイレンス
MPキングマンボ系 サンデー系
2019年 1着 ダノンキングリー ディープインパクト ストームキャット
ディープ系 NDストームキャット系
2着 アドマイヤマーズ ダイワメジャー メディシアン
短距離サンデー系 ミスプロ系
3着 クラージュゲリエ キングカメハメハ タニノギムレット
MPキングマンボ系 ロベルト系
2020年 1着 ダーリントンホール ニューアプローチ  ピヴォタル
NDサドラー系 NDヌレイエフ系
2着 ビターエンダー オルフェーヴル アフリートアレックス
中距離サンデー系 ミスプロ系
3着 フィリオアレグロ ディープインパクト ロッシーニ
ディープ系 ミスプロ系

ND…ノーザンダンサー系、MP…ミスプロ系、N…ナスルーラ系

共同通信杯の血統アナライズ、過去5年の傾向は上記のとおり。ざっと捉えた特徴を挙げてみると、【サドラーズウェルズを中心とした、欧州系ノーサンダンサー。ロベルト系。サンデー系の中でも、長距離寄りの中距離サンデー系(マンハッタンカフェ、ゼンノロブロイ)。ミスプロ系のサポートも有効に働きそう】といった感じか。

本命はカイザーノヴァ。父モーリス(ロベルト系スクリーンヒーロー×NDサドラー系)で、母は函館2歳S(1200m)の勝ち馬のステラリード。そのステラリードは母母父がサドラーズウェルズなので、サドラーのクロスを持った馬ということになる。「1回東京の中長距離はサドラー持ちを狙え」という金満格言もあることだし、前走から距離が伸びるここは絶好の狙い目。

◎カイザーノヴァ

馬券は、◎の単複のみ

※京都記念は、阪神競馬場で施行されるためパス。

【結果】

注目血統のサドラー系を母父に持った、ヴィクティファルスが7番人気で2着と穴を開けた。勝ち馬のエフフォーリアの父も、注目血統の2番目に上げたロベルト系。どうも、血統的な着目点はいいのだが、最終的にチョイスする馬の選択をミスっているレースが最近続いている。その1・2着の馬連がなんと8,120円も付いたのか!やはり、「1回東京の中長距離はサドラー持ちを狙え」は有効だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。