2020阪神カップ〜最終血断〜

2019年マイル王のインディチャンプが出走して来て、圧倒的1番人気。しかしながらこの馬、新馬戦で1400勝ちはあるものの、それ以降はマイル一辺倒。ステイゴールド産駒だから阪神内回りはそつなくこなせそうだが、久々の1400戦ということで付け入る隙はありそうだ。白羽の矢を立てたのは、阪神の短距離巧者のフィアーノロマーノ。京都や東京コースになると1400で着外があるが、最後に急坂が待ち受ける阪神コースの1400や1200ではめっぽう強い。父ディンヒル系のファストネストロックのスピード血統に加えて、母父にストームキャット系、母母父ボールドルーラー系という、スピードと持続力も兼ね備えた血統構成。昨年は短距離王のグランアレグリアに5馬身離されての2着だったが、今年のメンバーなら勝機がある。最後の急坂で他馬を置き去りにしての圧勝もあると見た。

◎フィアーノロマーノ

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 12 26 11 11 41

【結果】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。