2020東京スポーツ杯2歳ステークス〜最終血断〜

ディープ系の居ない、2歳GⅢ。新種牡馬ドゥラメンテ産駒が大挙4頭出走。本命は、そのドゥラメンテ産駒のジュンブルースカイとした。2走連続で上がり1位をマーク。直線の長いワンターンの東京1800では、やはり最後のキレが物を言う。

◎ジュンブルースカイ

馬券は、◎の単複のみ

スクリーンショット 2020 11 23 10 32 12

【結果】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。