2020天皇賞・秋〜最終血断〜

本命は、宝塚記念で◎を打ったクロノジェネシス。阪神芝2200と東京2000では大きく適性が異なるので最初は軽視するつもりでいたが、クロノジェネシスは4歳の秋に来ていよいよ本格化したと見て本命に抜擢。父バゴは凱旋門賞馬で、その源流はナスルーラからレッドゴッドに続くブラッシングルーム系。激しい気性と、高い闘争本能を備える産駒が多く、スピードの持続力にも長ける。好調子の馬はその勢いに乗って連勝を続ける。ブラッシングルーム系代表産駒のサクラローレルも4歳の秋から9戦続けて連対という成績を残している。また、天皇賞・秋は中距離戦だが、マイルよりの適性が求められ、過去にマイル重賞での好走実績がある馬が強い。クロノジェネシスは東京マイルのクイーンカップの勝ち馬であり、阪神JF2着、桜花賞3着の実績もあり速い流れにも対応できると見る。

◎クロノジェネシス

馬券は、◎の単勝1点で勝負!

スクリーンショット 2020 10 31 20 30 44

【結果】

クロノジェネシス、先頭で挟まれてしまったのが痛すぎた。審議にして欲しいよね。フィエールマンがこの距離でも走るとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。