2020京都大賞典〜最終血断〜

当初は、父非サンデー系でトニービンの血を持った馬として、ダンビュライトが本命候補だったが、意外と人気がありすぎるので敬遠。変わって本命に抜擢したのが、オルフェーヴル産駒のバイオスパーク。2走前の都大路Sではベステンダンクに僅差の2着、サトノアーサーには先着している。オルフェーヴル産駒は、ラッキーライラックなどの牝馬は切れ味に優れるが、牡馬となるとエポガドーロのように先行押し切りタイプが多くなるが、母父スピード型の血統が入ることで、より柔軟性に応じた産駒へと育つ。まだオープン馬となって間もない馬だが、オルフェーヴル産駒なので、使って使って走り込んで大成を遂げることに期待したい。

◎バイオスパーク

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 10 11 9 13 33

■■■結果■■■

勝ったのはグローリーヴェイズで、2着はキセキ。どちらもトニービン持ち。以前、京都大賞典はグレイソヴリンと書いたことがあったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。