2020スプリンターS〜最終血断〜

中山1200で有効な血はストームキャット系やダンチヒ系の血を持った馬で、かつ血統表ににサンデー系を持たなければなお良い。サンデー系の特徴である、溜めてビュッと切れる脚はこのコースでは不要。前々からガンガン飛ばして、最後まで持続する力を保持している血統がストームキャットやダンチヒだ。そして何と言っても内枠有利。ということで◎候補は、モズスーパーフレアとダノンスマッシュに絞られる。両馬とも父母父にストームキャット、母父にダンチヒ、血統表にサンデーを持たないのも共通している。この2頭のうち中山(3.2.0.0)と抜群の実績を誇るモズスーパーフレアを上位に取りたい。単穴と押さえに、父ストームキャット系のミスターメロディとライトオンキュー。候補4頭を全て、ストームキャット持ちのノンサンデー。内枠でまとめてみました。中山経験がなく、ディープ産駒のグランアレグリアはバッサリ消し。

◎モズスーパーフレア
◯ダノンスマッシュ
▲ミスターメロディ
△ライトオンキュー

馬券は、◎の単勝と、◎から馬連流し。◎◯2頭軸の三連単マルチ。

スクリーンショット 2020 10 03 11 05 40

■■■結果■■■

外差し馬場に尽きた、スプリンターステークス。グランアレグリアはまだしも、最後方のアウィルアウェイまで飛んで来るとは。ゲート入りで嫌がったビアンフェが、まさかの好スタートを切ったのもモズスーパーフレアにはマイナスに働き、結果前半32.8秒のハイペースになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。