2020オールカマー〜最終血断〜

本命は、今年のAJCCで2着だったステイフーリッシュ。非根幹距離で行われる古馬重賞はやはり同距離での実績を重視。そして何はともあれステイゴールド系。ステイフーリッシュは(1.2.1.0)と馬券率100%。1枠のクレッシェンドラヴもステゴ産駒で(2.0.1.2)と悪くないが、先週に書いたように秋序盤の中山では先行していける馬を狙いたいので、クレッシェンドラヴよりは前に位置するだろうステイフーリッシュを上に評価した。2週連続でウチパクっていうのも無さそうだしね。

◎ステイフーリッシュ

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 09 27 8 13 54

■■■結果■■■

勝ち馬センチュリオは、中山2200で1着実績あり(1600万条件)。連対時の上がり時計も、京都コースを除くと、34秒台後半から35秒台と概して遅め。ディープ産駒でもこのタイプの馬は中山であっても割引してはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。