2020セントライト記念〜最終血断〜

本命はバビット。セントライト記念では、昨年リオンリオン、一昨年ジェネラーレウーノと、前々に行った馬が勝っている。同条件で行われるオールカマーでも昨年の勝ち馬は逃げたスティッフェリオだった。秋序盤の中山2200では逃げ・先行馬を重視し、年明けのAJCCでは中団から競馬する馬を重視するスタンスを取りたい。バビットの父はナカヤマフェスタ。自身もセントライト記念を勝っており、明け4歳時に宝塚記念を制し凱旋門賞でも2着した実力馬。血統的には、やはり中山2200はステイゴールド系を真っ先に挙げたい。非根幹距離レースでの実績も重要。前走は小回り福島1800の重賞ラジオNIKKEI賞で堂々の逃げ切りを決めている。春クラシック路線からの強敵も何頭か居るが、夏を越えての成長力にも長けているのが、このステイゴールド系だ。加えてナカヤマフェスタはその母父がリボー系ということで大舞台で激走する狂気の血を秘めている。ここで勝って本番の菊花賞での大掛けに期待したい。

◎バビット

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 09 20 15 27 56

【結果】

強かったバビット。父ナカヤマフェスタ譲りの勝負根性を見せてくれて、直線で踏ん張ってくれた。人気になるかもしれないが、本番でも応援したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。