2020京王杯オータムハンデ〜最終血断〜

この馬が出走するなら狙わない手はない。本命はラセット。今年4月開催の京都・彦根Sで単勝万馬券をゲットさせていただいた馬。その後も米子Sを9番人気2着、中京記念を6番人気2着と堅実な走りを見せている。いささか地味な種牡馬モンテロッソ産駒のため、いくら好走してもそんなに人気しないのも、馬券を買う側からしてみればシメたもの。米子Sでは馬群を割って伸びてくる器用さと勝負根性を見せてくれたが、その操縦性の高さと確実に伸びてくる末脚が最大の魅力だ。今回は3回目の騎乗となる秋山真一郎。3度目の正直でゴール番を先頭で駆け抜けて欲しい。

◎ラセット

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 09 12 16 17 06

【結果】

ラセットの快進撃もついに途絶えてしまった。勝ったトロワゼトワルは、前走の関屋記念では先行勢のなか唯一馬券に絡んだ馬で強い競馬だった。昨年の同レースでの勝ち馬でもあったし、単勝7倍台なら、狙い撃ちしたい馬だったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。