2020セントウルステークス〜最終血断〜

例年と異なり、中京競馬場で開催されるセントウルステークス。本命は1枠1番、現時点で17頭立て16番人気で8歳馬のトウショウピスト!母シーイズトウショウは2006年に中京競馬場で行われたセントウルSの勝ち馬。同じコースのCBC賞でも2勝している中京1200のスペシャリストだ。そしてトウショウピストの父はストームキャット系ヨハネスブルグ。同じ中京1200で行われるG1高松宮記念の近年の勝ち馬は、2019年がミスターメロディで父ストームキャット系、2020年がモズスーパーフレアでその父母父がこれもストームキャット系。中京1200に適した血を父・母に持つトウショウピストの単複で勝負!

◎トウショウピスト

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 09 12 17 22 09

【結果】

◎トウショウピストは、16番人気ながら勝ち馬からコンマ6秒差の9着。オープンクラスの中京コースなら次回は十分に狙えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。