2020新潟記念〜最終血断〜

新潟2000はディープインパクトが断然強い。今回は5頭出走しているが、その中から最も人気薄のプレシャスブルーを本命。前々走の新潟大賞典で3着に入り、ブラヴァスに先着しているにも関わらず、なんだこの人気は。18頭立て17番人気。しかし何が起こるか分からないのが競馬というもの。プレシャスブルーには前走の函館記念でも◎を打ったが、その時に勝ったのは15番人気のアドマイヤジャスタだった。本来、ディープ産駒は好調子の馬を狙うのが基本だが、その一方で「逆境のディープの巻き返し」という傾向もある。そしてこの馬、昨年の夏から一走ごとに好走と凡走を繰り返しており(◯×◯×のリズム)、今回は走る番だ。父ディープ譲りの小柄な馬だが、母父アンバーシャダイ(その父ノーザンテースト)という骨太な血統も後押しして重賞初制覇を決めていただきたい。

◎プレシャスブルー

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 09 06 8 42 46

【結果】

◎プレシャスブルーは18番人気だったが、結果も18着。母父アンバーシャダイの底力に期待した割にはだらしない競馬だったなあ。石橋脩とは合わないんじゃないか、この馬。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。