2020新潟2歳ステークス〜最終血断〜

新潟外回りコースが使用される新潟2歳ステークス。長い長い直線では、一瞬の切れ味よりも、ロングスパートを維持できる血統が合う。トニービンの血を持った馬が最有力。父母父にトニービンを内包するのがルーラーシップ産駒のハヴァス。そしてファルヴォーレの父は新種牡馬のドゥラメンテだが、その母母に名牝エアグルーヴ(その父トニービン)だ。もう一頭、母母父にトニービンを持つのがフラーズダルム。なおかつ母父にダンシングブレーヴ、母母母父にリアルシャダイとスタミナ満載。この3頭から本命にチョイスしたのは、前走で速い流れを経験しているファルヴォーレ。トニービンの持久力を持ちつつ、母方にはフォーティナイナーとデピュティミニスターのスピード血統が入り、最後の直線で他馬をゴボウ抜きとなるか。

◎ファルヴォーレ

馬券は、◎の単複のみ。

【結果】

◎ファルヴォーレは後方を進んで、直線では外ラチまで届こうかというくらいの思い切った競馬で4着に食い込んだ。岩田康誠ならではの競馬で、人気薄の馬でも何とか勝たせようという試みがあって、そこは歓迎できるのだが、如何せん走らせた距離が流すぎたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。