2020キーンランドカップ〜最終血断〜

雨模様の札幌。重い馬場でもキッチリと速い上がりを使ってくるビリーバーを本命。父モンテロッソは、その母父にサドラーズウェルズを持つ。サドラー系と言えば概して重馬場に強いが、もっと言うと、上がりがかかる馬場で他馬にとっては35秒台かかるようなレースでも34秒台でまとめることが出来る適正に長けているということ。ビリーバーは、稍重のレース4鞍のうち3回は上がり最速をマークしている。そしてビリーバーの母父はネオユニヴァースだが、ネオユニ牝馬は洋芝に相性がいいのも好材料だ。

◎ビリーバー

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 08 30 9 22 52

【結果】

勝ったエイティーンガールは、母父に重馬場得意のアグネスタキオンでしたね。勝ち上がった未勝利戦でも重馬場で上がり最速をマークしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。