2020関屋記念〜最終血断〜

【関屋記念】

昨年のミッキーグローリー、一昨年のプリモシーンやワントゥワンのように、後方から一気に速い上がりで差し切る馬の印象が残る関屋記念だが、どっこい持続力勝負になることも多い。マルターズアポジーの逃げ切りや、その2着のウインガニオンなど、先行粘り込みの馬の方が穴馬狙いとしては期待率が高い。持続力血統としてはボールドルーラーやレッドゴッドなどのナスルーラ系の血が有効だが、今回はそのナスルーラ系の中からネヴァーベンドの血に着目。本命はディープブリランテ産駒のミッキーブリランテ。ディープブリランテは、その母父がリヴァーマンを経由してくるネヴァーベンドの血統。ディープブリランテが勝ったダービでは、フェノーメノの単勝を握りしめてレースを観戦していた。フェノーメノが差し切ったと見えて思わずガッツポーズを取ったのだが、前で残っていたのがディープブリランテだったのだ。あの、最後までスピードを維持する粘り込みこそネヴァーベンド系の真骨頂。

◎ミッキーブリランテ

馬券は、◎の単複。

〜〜追記〜〜

母父レッドゴッド系のハーレムラインが気になったので、単複を少額と、ミッキーブリランテとの馬連・ワイドを追加購入。

スクリーンショット 2020 08 16 9 37 29

【結果】


ミッキーブリランテ、惜しくも3着に届かず・・・。直線向いたところで内枠を突いた岩田ダンスが見られた時は行けると思ったんだが。逃げて2着に残ったトロワゼトワルが立派。ロードカナロア×ハーツクライ。ハーツクライの持久力とロードカナロアの融通性。

 

【小倉記念】
とにかくトニービンを中心としたグレイソヴリン系を勝っておけばいいのが小倉記念。大方の血統予想家も同じ主張をしているので、今では珍しくも何ともないが、コレが実に有効に働く。ノーブルマーズがジャングルポケット産駒で最有力だが、この馬には何度も◎を打ち散々な目に遭っているので、単勝一桁台のここでは買わない。本命は、ミスキャスト産駒のミスディレクション。父のミスキャストは、その母が名牝ノースフライト(その父トニービン)。ミスキャスト産駒としては、天皇賞・春のビートブラックの大駆けがあまりにも印象深いが、その活躍もあって一度は種牡馬として引退していたのが復帰したのいうのだから驚きだ。内枠に入ったここはガンガン行って、そのまま逃げ粘って欲しい。

◎ミスディレクション

馬券は、単複のみ。

スクリーンショット 2020 08 16 9 35 12

【結果】

内を突いて鮮やかに差し切ったアールスター。ステイゴールドと近似血統のサッカーボーイを母父に持つことから、小回り2000では相性が良さそうだし、ここは狙い目だったかも。期待したミスディレクションは何と最下位・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。