2020クイーンS〜最終血断〜

札幌1800コースは、直線半ばからスタートし1角までの距離が短いため、内枠有利・外枠不利がまず前提条件。去年のスカートレットカラーのように差しも決まるが、不発に終わるケースも多々あるので内枠寄りの先行馬を重視したい。本命は、昨年9番人気3着のカリビアンゴールド。母父にダンチヒ系グリーンデザートの流れを持つケープクロス。4回コーナーを回って、最後の直線も短いこのコースは、機動性のある短距離血統馬が合う。グリーンデザートはかつてシンコウフォレストやメジロダーリングを出した短距離スピード馬。そして父ステイゴールドなのだから4回コーナーを回るコースは大得意。函館札幌の成績も概ね良く、洋芝適性も十分。

◎カリビアンゴールド

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 08 02 7 19 36

■■■結果■■■

最内枠、母父スピード血統サクラバクシンオーで、11番人気レッドアネモスが優勝。やっぱり内枠で決まったか。サクラバクシンオーの血、恐るべし。スカーレットカラーの追い込みも、さすが内枠を捌くのが上手い岩田Jならでは。期待したカリビアンゴールドも直線向いた時には、あわや頭もあるかと思ったがそこから伸びず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。